コピーライターの左ポケット

左のポケットからは
思いがけないものがでてきます
役に立たないけれど捨てられない
自分にだけたいせつなものです

「コピーライターの左ポケット」は
RADIO BERRY-76.4☆FM栃木の
日曜日22時からの番組「柴草玲のイヌラジ」の
小さなコーナーでした
コピーライターがストーリーを書き
柴草玲さんが音楽をつけながら朗読をしてくださり
5年の長きにわたって続けることができました
番組の最終回は2015年3月29日でした
お聴きくださった皆さま、このサイトを訪問してくださった皆さま
ありがとうございました

なお、原稿と音声のみをご覧になりたいかたは
裏ポケットへどうぞ ↓
http://02pk.seesaa.net/



2014年01月19日

岩下食品月間の新生姜メニュー

iwashita.jpg

そうなんです。社長も下の記事で書いていますが、
今月の左ポケットは岩下食品月間なのです。
柴草さんのBGMは本日掲載分もしっかりと新生姜の歌のアレンジです。
こちらポケット社長以下三人がかりで書きますが
音楽は柴草さんおひとりなのでタイヘンです。
あと一回、新生姜でがんばってくださいね、無責任ですが。

さて、栃木の日光霧降アイスアリーナには「岩下食堂」があります。
1月2月の新生姜限定メニューが上の写真です。
豚しゃぶ+新生姜とスキヤキ+新生姜です。
豚しゃぶに新生姜もスキヤキに新生姜も当たり前じゃないかって、
いやいや、そうおっしゃるもんじゃありません。
屋内とはいえスケートリンクですから寒いんですよ。
新生姜でぜひポカポカしてくださいね。

いま東京も気も狂わんばかりに寒いですが、
しかもポケット社長は男子のくせに冷え性で
寝るときも気持ち悪いほど厚着をして靴下まではいて寝るんですが、
以前に雪国へ行ったときは本当にショウガを持参していましたが、
この冬は新生姜をプレゼントしようかと思います(さ)


posted by ポケット社 at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

今月は岩下食品月間。

p_ss_001_l.jpg

小松会長と中山サンドラブロックと相談して、
今月の原稿は、
岩下食品の商品をテーマにすることにしました。
お世話になっている岩下社長に
ちょっとでも恩返しできたらと思ったのです。
すでに小松会長の原稿がアップされています。
ぜひご覧になってください。

コピーライターである以上、
商品をからめて文章を書くのは上手であって
当たり前なんでしょうけど、
ぼくは毎回この原稿をこれはコピーじゃないと割り切って
書いているので、今回のような場合にはとまどってしまいます。
具体的な商品名が出てくるから、
読後感はよくしないといけないだろうし、
でもそんなの書けないし。どうしよう。
と行ったり来たりして書いたぼくの原稿に対して、
らっきょうや紅しょうがは、どう思うのだろう。
おまえなんか酢漬けにされてしまえ。
とらっきょうは言うかもしれない。
このぼけなす!
と紅しょうがはさらに顔を真っ赤にして怒るかもしれません。

こういう原稿は、
細川社員がほんとに上手なんですよ。
男女のやりとりの途中でさりげなくらっきょうが姿を現したりして、
それをきっかけにぴりっと効いたセリフのやりとりがあったりして、
読み終わったあとには、らっきょうっていいやつ!
みたいな気持ちが芽生えてる。そんな原稿。
やるなあ細川社員。ぼくにはとても書けないよ。
と無闇にハードルをあげて細川社員の居心地を悪くしてみました。
これを読んだ細川社員が想定どおりイラッとしてたら御の字です。
そんな細川社員の原稿は来週日曜の23時にここでアップ予定です。
栃木にお住まいの方は、
栃木FMでそれより1時間早く22時からオンエアされる
「柴草玲のイヌラジ」のなかで聞いてみてださい。
柴草さんの怪しい語り口とそれ以上に怪しい音楽が、
原稿をさらに盛り上げてくれることでしょう。(う)
posted by ポケット社 at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

これを聴いておくと今夜のイヌラジが2倍楽しい



ポケット社の2014年1月は
総力を挙げて新生姜をテーマにしているのですが
何の打ち合わせをしたわけでもないのに
芝草玲さんもノってくれまして
本日の「コピーライターの左ポケット」の朗読BGMは
新生姜の歌の編曲バージョンなのでした。

柴草さんはいつも即興で曲をつくってしまうらしいのですが
それを築地の市場の飲み屋でうかがって
私はひえ〜〜と驚いたのですが
そんなかたですから、新生姜の歌をさりげなくBGMにするくらい
朝飯前の新生姜なのかもしれませんね。

あ、事前に新生姜の歌を聴いておきたい人は
上のyoutubeからどうぞ(さ)

posted by ポケット社 at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

あけましておめでとうございます。

熊本に帰ってきております。
妹は元気です。
太った太った、とばかり言います。
そのくせ「お好み焼き食べにいかんや」と尋ねると、
「よかよ」と即答します。
そして食べて、また「太ったあ」と言い、
「制服はいるか心配になってきた」と顔をしかめます。
体型を気にしながらも、
食の誘いは断れない妹のそんな性格をついて、
この年末年始、妹を連れて、
お好み焼き、カツ丼、チキンカツカレー、
唐揚げ定食、オムライスなど、
がっつりしたものを食べ歩きました。
おせちもぼくが食べきれない分は、
全部あげました。
「お兄ちゃんの食が細くなってきたのが悲しか」
と言いながら若さを誇るように全部たいらげます。
雑煮の餅の数だけは、去年よりひとつ減らしていたようです。
風船を膨らますように妹は太っていきます。
最初はそれを楽しんでいたのですが、
なんだかだんだん申し訳ない気がして、
セールでセーターを買ってあげました。
妹が選んだのは、
体型を隠すためかゆったりしたデザインのものでした。

このままじゃいかんと思うとたいね。
妹はそう言い昨日からヨガに通いはじめました。
帰ってくるなり、
「さっそく1キロ痩せました」と言いました。
普段は着らんぴったりしたタンクトップばあえて着て、
鏡の前に立たなんと。
現実を思い知らなんていかんて。
ヨガて自分と向き合うことからはじまるてたい。
へえ。そうなんだ。
釈由美子のダイエット本も買ったようです。
それによると、肉を食べたらその倍の野菜を食べるといいそうです。
わたし、釈由美子好きとたいね。
へえ。知らなかった。

妹の目標は、
2月にある友達の結婚式までにやせることだそうです。
ぼくの目標は、熊本にいる間に、
もう一回くらいがっつりしたものを妹に食べさせることです。
お好み焼きならいいかもしれません。
キャベツいっぱい入っとるけん太らんよ、と言えば、
あ、そうかと言いながらのこのこついてきそうです。

みなさま。遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます。
今年も、ポケット社をよろしくお願いします。(う)
posted by ポケット社 at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

あけましておめでとうございます

u131213.jpg

あけましておめでとうございます。
写真はポケット社社長、略してポケット社長の近影です。
そう、いつも変な原稿を書くあの人です。
少し前までボサッと長かった髪をさっぱりと切りまして
やや清々しいたたずまいにはなっています。
あくまでも「やや」ですが。

そして、いまはふるさと熊本に帰省しています。
たぶん焼酎を大量に摂取していると思います。
年明けにはアルコール漬けになって帰京します。
そのまま漬けておくと保存がききそうですが
労働力としては問題があるので
アルコールを抜かねばなりません。

社長にはかわいい妹がいて
私はこの妹と長文のメールをやりとりして
社長の悪口を言いたいのですが
残念ながら妹は警察関係者で、
アドレスは兄であるポケット社長も知らないのだそうです。
とても残念です。

あらっ、新年の挨拶のつもりが脱線していますね。
ともかく、今年もポケット社をよろしくお願いいたしますね(さ)


posted by ポケット社 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

今年の10大ニュース。

先々週、いや先々々週だったかな、
中山さんと大川さんと小さく忘年会を開きました。
場所は、赤坂のかおたんラーメン。
ここの小皿料理をテーブルにばっと並べたい
と中山さんが言うので、ああそうですか、
特に異論もなく従ったのですけど、
並んだ料理はどれもおいしかった。
エビと卵の炒め物やほうれん草の炒め物や
なにか別の炒め物たちには、
炒め物の基本をしっかりと守りながらも、
炒め物の常識を変えてやろうという意志があるように思えました。
それらを順調に平らげながら、
今年の10大ニュースをそれぞれ言い合うことになりました。
まず中山さんから。
1位から4位は猫関連のことで占められていて、
じゃあ、5位は?と聞くと、うーんなんだろうとあとが続かない。
では大川さん。
1位はクルマを買い替えたことらしいが、
2位はなんだろう? と早くもここで頓挫します。
二人の発表を聞きながら、
ぼくも自分の10大ニュースを考えていたのですが、
なにひとつ浮かばない。
2013年、今年のぼくには何があったのだろう。
去年の続きだったような気がします。
人の仕事をうらやましく思って、
だったらしっかり自分の仕事をすればいいのに、
そうがんばることもなく、なんとなくすごしていたような。
強いてあげるなら、
1位は、ももクロのファンになったことで、
2位は、ももクロのファンをやめたことですかね、
と言うと、大川さんも、
ああ俺もももクロファンやめたことが2位かもなどと言います。
これでは、3人分全部足しても、
10大ニュースに足りない。
いや、まだ今年は一ヶ月あるし、これからなにかあるのよ。
と中山さんが言ったけど、そのときは、
何もないまま今年は終わる気がしてなりませんでした。
実際、その忘年会からしばらくたってもなにもありませんでした。
ところがですよ。あった。ありました。
ゼログラビティ。
おもしろいって聞いたから、それに異論を唱える人がいないから、
先週の土曜日、新宿で見てきました。
あれは、すごい。
みなさん、見た方がいい。見るなら、3Dがいい。
はじまって5秒で宇宙に放り出されてしまいます。
ぼくは上映中、ずっとずっと鼻くそほじってました。
なぜかすごい勢いで。
そうしてないと、スクリーンのなかの無重力空間に
引っぱりこまれてしまいそうな気がしたのです。
宇宙にいるってこういうことなのかと思いました。
息苦しささえ感じました。
隣のカップルが持っていたポップコーンが
浮かび上がらないのが不思議なくらいでした。
見終わったあと、
2時間ぶりの重力に足がなじまずふらふらしながら
駅に向かっていた途中で、
新宿二丁目へと急ぐ女装した真っ赤なカツラをかぶった大男と
すれ違いましたが、もうなにも驚かない。
地に足をつけて生きるまっとうな人にしか思えないのです。
岩城滉一も宇宙に行く暇があったら見たほうがいい。
ほんとに。岩城。まじで。
あの映画は、ぼくにとってそれほどの衝撃でした。

それと、見ながら気がついたことがひとつ。
中山さんはサンドラブロックに、ちょっと似てる。
ストイックな眼差しが。
これまで中山さんといえば、オノ・ヨーコでしたが、
宇宙を知ったあとでは、サンドラブロックですね。
中山さんもぜひゼログラビティ見てください。
そのときは3Dで。
あ、もうひとつ気がついてしまいましたが、
中山さんがあの大きな3Dメガネをかけたら、
やっぱりオノ・ヨーコになってしまう!
というわけで、今年のぼくの10大ニュース。

1位 ゼログラビティを見た。
2位 ももクロファンになって、
3位 ももクロファンをやめた。
4位 中山さんは、
5位 サンドラブロックに似ているが、
6位 3Dメガネをかけたら、
7位 やっぱりオノ・ヨーコ!
8位 該当なし
9位 該当なし
10位 該当なし

(う)
posted by ポケット社 at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

健康診断だった。

先日、健康診断がありました。
ひととおり検査を受けた後、
トイレの入り口で紙コップを渡されました。
検尿ですね。
ところが。尿意がありません。
トイレの個室のほうに入り、ズボンを降ろし、
手に持った紙コップを先端にあてるまでは順調だったのに、
朝、家を出る前に午前中の分は出し切ってしまったようで、
一滴も出る気配がありません。
下半身が砂漠に埋もれたみたいに乾いていて、
尿道の奥の奥まで意識を掘り下げていっても、
黄色いオアシスはどこにも見当たりません。
気がつけば、頭のなかには、
ジュースのコマーシャルなどによくある、
ぎゅっとしぼられた果物から果汁がしたたり落ちる
いわゆるシズルカットと呼ばれる場面がありました。

なるほど。
スポーツ選手が行うイメージトレーニングのつもりで、
脳から膀胱を刺激してみるのはありかもしれないと、
オレンジが搾られる場面をできるだけ鮮明にイメージしてみました。
青空バックに太陽のようなオレンジが、ぎゅっと。
果肉からあふれ落ちるジューシーな果汁。
空は実写で、果物と果汁はCGといったところでしょうか。
わりとおいしそうに想像できたように思います。
これならクライアントも満足してくれるでしょう。
しかし、ぼくの膀胱は無反応。
クライアントは一発OKなのに、
タレント事務所がNGといったところでしょうか。
仕方ないので他にもいろんな果物で試しました。
グレープ。巨峰です。
一房まるごと反動をつけながら豪快に搾ってみると、
果汁があたりにプシュワーという音とともにはじけました。
だけどだめです。膀胱は首を縦に振りません。
リンゴ。
これは搾る以前に硬い。イメージのなかでもぼくの握力は弱く、
果汁を搾り出すまでいきません。
イチゴ。
なんか違う。果汁を搾り出すイメージがわかない。即却下。
ナシ。
リンゴと同じ理由でダメ。
すいか。
ぼく、すいかあんまり好きじゃないんです。種出すのが面倒で。
柿。
イチゴと同じ理由で却下。
マンゴスチン。
名前は思い浮かんだけど、どんな実か思い出せないのでそこで頓挫。

そして、あ、だったら桃はどうだろう、
というところで、トイレの入り口の扉が開く音がして、
誰かが入ってきました。
同じく検尿をとりに来たに違いありません。
その誰かは、うらやましいことに尿意万端だったようで、
すぐに紙コップを鳴らしはじめました。
軽快でポップないい響きです。
紙コップの底に印刷された的を的確に射抜いているのでしょう。
続いて、余った分を便器に向かって放出する音がしました。
男性にはおなじみの陶器をたたくその音を聞きながら、
個室トイレの扉一枚挟んだこちら側で、
その余ったやつでいいから売ってくれ、
とけっこう本気で思いました。
もうぼくはそれほどまでに追い込まれていました。
エロ本やエロサイトでは、尿のことを黄金水と書きます。
この場合、意味は異なりますが、
貴重なものであるということでは同じです。
その健康診断のあった日の朝、トイレの個室で、
吉村作治がピラミッドになにかを求めるように、
ぼくは金色に輝く水を求め苦しんでいました。(う)
posted by ポケット社 at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

ちょっとそこまで新生姜

o0400030012777400282.jpg

栃木県小山市にある山小屋カフェ「CAFE Q」で
岩下の新生姜のタイアップメニューを出しています。
ポケット社としては行ってみたいですが、
う〜ん、ちょっと遠いぞ。

CAFE Q(カフェキュー)
営業時間:11:00〜23:00
定休日:月曜日
■Facebook: https://www.facebook.com/cafeQ

下の写真はメニューのひとつ
チキンと野菜のグリル 岩下の新生姜味噌ディップ添え

o0400030012777400280.jpg

posted by ポケット社 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

1054の新生姜レシピ

syoga.jpg


クックパッドには岩下の新生姜レシピが1054あります。
オムレツに炊き込みご飯に炒めもの。
汁まで無駄にしない漬け物、なんやかにゃで1054です。
お好み焼きやお寿司やサラダは思いつきますが
新生姜でタルタルソースは考えもしませんでした。
人間のアイデアに限りはないんだなあと
考えさせられました。
写真をクリックするとクックパッドに飛びますので
確かめてみてください(さ)

タグ:新生姜
posted by ポケット社 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

滞納

妹からラインでメッセージが送られてきた。

大家さんから電話あったよ。

その一文だけでぴんと来た。しまったと思った。
それは、東京のぼくが住む部屋の大家さんから、
熊本の実家に電話があったということなのだけど、
その理由に、ぼくは心当たりがおおありなのだった。
妹からのメッセージには、続きがあった。

家賃払っとらんど。

そうなのだ。家賃を滞納していたのだ。
前回家賃を振り込んだのは、春だった気がする。
春の陽気に誘われてふと家賃でも払ってみるか、という気になり、
桜吹雪とともにATMの自動ドアをくぐった覚えがある。
それから梅雨があり、暑すぎた夏があり、夏すぎた秋があり、
本格的な冬を迎えつつある今の今までぼくは、
家賃のことなどすっかり忘れていた。
半年分。正確に言うと、7ヶ月分滞納していた。
そりゃ、大家さんも心配になるだろう。
というか腹が立って仕方なかったのだろう。
本人に言うより親に言いつける方がぼくはこたえると思って、
電話をかけたに違いない。
大家さんと親との間にどんな会話が交わされたのかは知らないけれど、
30も後半戦になった男が、
両親に言いつけられるなんて、けっこう恥ずかしい。
大家さんの目論見通り、ぼくはちょっとこたえた。
なにやってんだ俺。
なにやってんだ俺。
速攻で振り込みにいった。ひとまず3ヶ月分。
5月分と6月分と7月分。
けっこうな額だった。
自分が悪いとは知りながらも、振り込みながらぼくは思った。
このけっこうな額を稼ぐために、
ぼくは春から夏にかけてこそこそと地味なりに働いた。
それなのに、大家さんといえば、
とくに何もせずただ部屋を貸してるだけなのに、
このけっこうな額を手に入れることができるなんて、
なんだかとても不公平だと。
残り4ヶ月分も早めに振り込まなくては。(う)
posted by ポケット社 at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする