コピーライターの左ポケット

左のポケットからは
思いがけないものがでてきます
役に立たないけれど捨てられない
自分にだけたいせつなものです

「コピーライターの左ポケット」は
RADIO BERRY-76.4☆FM栃木の
日曜日22時からの番組「柴草玲のイヌラジ」の
小さなコーナーでした
コピーライターがストーリーを書き
柴草玲さんが音楽をつけながら朗読をしてくださり
5年の長きにわたって続けることができました
番組の最終回は2015年3月29日でした
お聴きくださった皆さま、このサイトを訪問してくださった皆さま
ありがとうございました

なお、原稿と音声のみをご覧になりたいかたは
裏ポケットへどうぞ ↓
http://02pk.seesaa.net/



2014年04月12日

花見

hanami.jpg

祖師谷公園といえば、世田谷一家殺人事件。
現場となった一軒家は公園の敷地に入ってすぐのところに、
いまだにありました。
屋根や外壁は長年の風雨によってすさみ、
玄関の前には、なぜか電話ボックスのような箱が。
たまにそこに警官が立っていることがあるそうです。
現場保存かなにかのためだそうです。
事件から10年以上もたつのに、
この家のなかは発生した日の夜のままなんですねえ。ぞっとします。

先週の4月5日の土曜日。
その家を越えて公園の奥へ100mほど進むと桜が咲く一帯があり、
中山夫妻が主催する花見はその下で行われました。
多少なりとも事件の影響が残っているかもしれないと
心配していたのですが、そんなことはぜんぜんなく、
あたりは地元の人たちで賑わっておりました。
われわれのテーブルというかなんというかシートの上も、
中山さんがつくってくれた料理のおかげで、
桜の下にも桜が咲いたみたいに華やかで、
それをつまみにヤクルトスワローズファンの人は、
前日の小川のピッチングについて語り、
釣りが趣味の人たちはカレイがいかに鈍い魚かを語り、
口喧嘩がすきな人たちは口喧嘩に花を咲かせていました。
口喧嘩が好きな人たちというのは、もちろん中山夫妻ですね。
頭の回転が速くて語彙も豊富な人同士の口喧嘩は、
聞いていて楽しいし勉強にもなります。

夫幸雄さんがしゃべる(話幸)。そのなんでもない日常の話に、
妻佐知子さんが強引なまでにひっかかりポイントを
見つけてつっかかっていく(怒佐)。一応なにか言い返す幸雄さん(返幸)。
聞く耳持たない佐知子さん(不耳佐)。謝る幸雄さん(謝幸)。
許さない佐知子さん(不許佐)。笑ってごまかす幸雄さん(笑幸)。
このように、二人の口喧嘩は、
話幸→怒佐→返幸→不耳佐→謝幸→不許佐→笑幸
という構造になっておりまして、
これを桜の下じゃなくてステージの上でやったら、
漫才になるのかもしれません。

幸雄さんはいつもだいたいなにかしゃべっています。
とてもためになることを教えてくれることもあります。
だけど、いつもぼくは酔っぱらっているからその内容を覚えていないのが残念です。
すごいのは佐知子さんです。いかなる話題でも、
それが幸雄さんから発せられたものであるならば、
強引なまでにそこにひっかかりポイントを見つけて瞬時に反論するのです。
その反論が、言葉巧みだから幸雄さんは笑うしかない。
ここに広告業界の一端を見たなとぼくは思いました。
クライアントからオリエンがきたら、
たとえそれが内容のないつるつるしたものでも、
クリエーティブの名刺を持ってる人なら、
どこにひっかかりのポイントを見つけてプレゼンしなくてはならないわけですけど、
中山夫妻の口喧嘩を見ていると、
そんなオリエンとプレゼンのやり合いをしているように感じるわけです。
幸雄さんによる日常会話というオリエンに対して、
怒りを燃料に頭を高速回転させ佐知子さんは瞬時にプレゼンし返す。
オリエンした覚えもないのに幸雄さんは突然プレゼンされて
たいへんだなとは思いますが、
こうやって脳を活性化し合っているのだからまあいいことなんでしょう。
そんな二人による即興漫才をみんなで3時間ばかり眺めていたら、
日も陰り風も冷たくなってきたのでお花見はお開きとなりました。
残念ながらぼくは参加できませんでしたが、
中山家に場所を移して二次会もあったようです。

これは、幸雄さんにこっそり教えてもらったことです。
一家殺人事件があった当時、
近所に住む中山夫妻も警察から事情聴取を受けたそうです。
その時、
妻佐知子さんは夫幸雄さんを指差して警官に向かってこう言ったそです。
「私にはアリバイがありますが、この人にはアリバイないですから、
しっかり調べてくださいね」
言われた警官はこの忙しいときに面倒くさい夫婦に
出くわしたもんだという顔をしたそうです。
ま、そりゃそうですよね。
事情聴取に行ったら漫才見させられたわけですから。(う)
posted by ポケット社 at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

ヒートテック

ようやくの春に、
冬の間ずっとはいていたヒートテックを脱ぐことができて、
太ももがズボンの裏地の感触を久しぶりに味わっています。
裾から入って迫り上ってくる風があると、
下半身が照れくさそうにむずむずします。
太ももからつくしが生えてきそうなそんな感じです。

中山さんからメールが来ました。
花見のお誘いでした。
今週末、世田谷のとある公園で開かれるそうです。
最近中山家にお邪魔してないのですが、もしかすると、
中山家は公園に引っ越したのかもしれません。
これは実は、花見に見せかけたホームパーティーなのか?
猫といっしょにダンボールで暮らす中山さんを想像してみると、
罪悪感がわいてきます。
ろくでもない場面を思い浮かべるものではありません。
失礼です。
メールにはまだ返信していません。
文面を読むと、来ませんか? という誘うものではなく、
あんたは来ることになってるから
場所と時間だけ知らせておくからねって感じだったので、
いそいで返信しなくてもまあいいかって思ってしまいました。
すみません。
中山さんのことだから、
もうすでに花見のつまみは何を作ろうか考えはじめているはずです。
静岡の魚屋さんに刺身用の魚を発注済みかもしれません。
失礼な想像をしてしまったことをフォローする意味も含めて言うと、
中山さんの料理はうまいんだよなあ。
上手に「おいしい!」って言えるかなあと
ドキドキしながら食べはじめても、
自然と口から「うまいですね!」が出るから助かるんです。

日ごとに春らしくなっていきますが、
でも、お花見ってずっと外にいるわけでしょう。
寒がりなぼくは、当日、
いちおうヒートテックはいていったほうがいいかもしれません。(う)
posted by ポケット社 at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

妹からLINEで

妹からLINEでメッセージが送られてきた。
「中山さんから電話あったよ。」
中山さんがぼくの妹に直電とはなにごとだろうか。
「なんて言いよらした?」
とぼくが送ると、すぐに返信がきた。
「熊本弁のイントネーションについて聞かれた」
熊本弁のイントネーション?
そんなことならぼくに直接聞いてくれればいいのに。
まあ、ぼくも熊本を離れて20年近くなるので、
現地の最新の熊本弁がどんなものかは分からないけど。
「なんでおまえに聞かしたとだろかね」
と送ると、
「お兄ちゃんはなん言いよるか分からんて」
と返信が来た。
ああ。なるほどなるほど。
ぼくは基本的に滑舌が悪いのですが、それに加えて、
熊本弁をしゃべるときはやたら早口になるのです。
そんなぼくの熊本弁は、
中山さんにとってはちんぷんかんぷんなんでしょうね。
そして妹は、
「中山さんの留守電に、
熊本ラーメンたい!馬刺たい!と吹き込んだ」そうです。
なんだそれ。ケータイに向かって、熊本ラーメンたい!と
声を張り上げる妹を想像するとおかしくなった。
ここ数日の「もるとゆらじお」は方言にまつわる記事が多いので、
それに関係していることなのでしょう。
それにしても、中山さんはいったい何を企んでいるのだろう。
留守電に声を残させられたということは、
妹の声がラジオCMの一部として使われるのだろうか。
いやそれはないか。留守電の音質がラジオCMに耐えられるとも思えない。
でも、もしそうならギャラをふんだくらないといけない。
posted by ポケット社 at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

わっ、柴草さんだっ!!



上の動画をご覧ください。
白いシャツ着て変な歌をうたっているのは三田超人(フリーマン)です。
ヒカシューというバンドのギタリストです。
話せば長いのでやめますが、ヒカシューは凄いバンドです。
でも曲のIQが高すぎて売れません。
そして、三田超人は変な人です。
変な人ですが、何といいますか、知り合いです、はい。
何の共通点もないですが、知り合いです。

昨日のことです。
三田超人のボーカルをさがしていたわけです。
ギタリストですが変な歌をうたうんですよ、自作自演で。
で、ちょっとなあ、この歌詞は公共的にどうなのよ、他のはないのかしら...と
さがしていたら上の動画が見つかったわけです。

あ〜、これもなあサンプルにならんよなあ...
ポッポーじゃねえぞ、フリーマン。
おおっ、そのモナリザでいいからさ、もうちょいまともに...と
祈る思いで見ていたら
突然割り込んできた映像が柴草玲さんですよ。
おおっ、第九だ!と思いきや、また別の女人が...
もう魔界ですね、こうなったら。魔界ですがかっこいいんですよ。
思いがけないところでお顔を拝見できてうれしいです。

あ、そうだ。
柴草さん、そういうおキモノがお好きだったら一枚お貸ししましょうか。
変なの持ってるんですよ、なぜか(なかやま)

タグ:柴草玲
posted by ポケット社 at 22:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

昨日も寒かった。

寒さが居座ってますね。
何度電話しても「延長お願いします」をくり返す
カラオケボックスの客みたいになかなか帰ろうとしません。
季節を一日にあてはめれば、今は夜明け前の5時くらいでしょうか。
そろそろ始発も出る頃なので、さっさと冬には帰ってもらいたいものです。
そのかわりに早く春が来ないですかね。
そしてずっと居座り続ければいいのにと思うぼくは、
自分が花粉症ではないからでしょうね。

昨日も寒かったので、
午前中をスタバで文庫本を読んですごしたあとは、
家に帰ってじっと映画を見ていました。
ポケット社の原稿でも書こうかと思いましたが、
締め切りまでまだ一週間以上あるからいいやと断念しました。
外が寒いと室内があたたかくてもなにもやる気が起こりません。
そんなとき映画はいいですね。
役者さんたちは、気温に関係なく再生ボタンを押すだけで演技してくれます。
一時停止ボタンを押せば、トイレに行く間待っててくれたりもする。
俳優という生き物はわがままという印象がありますが、
リモコンには逆らえないみたいです。
「砂漠でサーモンフィッシング」と「博士の異常な愛情」と「ラヂオの時間」
の3本を立て続けに見ました。
いちばん印象に残ったのは、
「ラヂオの時間」に出演していた
まだ若かりし頃の鈴木京香の胸の膨らみかな。
あのなかには春がたっぷりとつまってそうな気がしました。
ぼくの右手と左手の間では、
「触ってみたいね」「うん、触ってみたい」と
そんな会話が交わされていました。
あたたかくなったら、ダウン脱いでどこかに行こうっと。(う)
posted by ポケット社 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

キラキラネームのキラキラキャット

U_1.jpg

ポケット社長いうところの
キラキラネームのキラキラキャットです。
胡留(うる)さんです。

この記事を参照。
http://01pk.seesaa.net/article/386892169.html

U-2.jpg
posted by ポケット社 at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

氷の季節(栃木の冬 6)

1389859186_71460.jpg

氷の季節です。
上の写真、光徳沼。下は湯滝。
ともに奥日光です。

1389860269_71468.jpg

そして、こちら(下)は太郎次の滝。
前日光(鹿沼市)の温泉「つつじ湯」の近くにあります。

1391242825_71481.jpg

こんな景色が温泉の近くにあるというのがうれしいです。

posted by ポケット社 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古くなった。

最近、自分が古くなったと思う。
去年からぼくは自分の生まれ年の小銭を集めている。
正確に言うと、昭和50年製の100円玉、50円玉だ。
たった一年だけど、貯金箱はけっこう重くなった。
目隠しされたハルク・ホーガンにその貯金箱を持たせたら、
砲丸と間違えて投げてしまうかもしれない。
今の文章には二カ所間違いある。
一つは、ハルク・ホーガンは、名前のせいで勘違いされやすいのかもしれないが、
プロレスラーであって、砲丸投げの選手ではない。
そして二つ目は、いくら目を塞がれたからと言って、
誰も貯金箱を砲丸とは間違えないということだ。
それはどうでもいいんだけど、
自分の生まれ年の100円玉と50円玉を見つける度に
うれしくなる反面、なんて汚いんだろうと思ってしまう。
昭和50年製の小銭と平成製の小銭は、手にした瞬間区別がつく。
輝きが全然違うのだ。
50年製のほうは、100円玉にしろ50円玉にしろ、
刻まれた模様のすみずみまで黒ずんでおり全体的にくすんでいる。
30年以上、人の手から手を渡り歩いてきたんだから仕方ないけど、
その薄汚れた感じが、そのままぼくの古さみたいでちょっと物悲しくなる。
それに比べて平成生まれの100円玉と50円玉の美しさといったら。
キラキラしている。まだまだできたてだ。
夢を尋ねたら、1万円札になることです!と目を輝かせて言い出しそうである。
昭和製の小銭に同じように夢を尋ねたらなんと言うだろう。
想像もつかない。
夢? なんですかそれ? 新しい日本酒の名前ですか?
なんてことを酒臭い息を吐きながら言ったりするのだろうか。

クララ。という名前の後輩がいる。もちろん女性だ。
その子が新入社員のときに自己紹介をされたときは驚いた。
だって純日本人の顔なんですもの。
ハーフでもなんでもないんですもの。
それが、ぼくにとってのはじめてのキラキラネーム体験だった。
そのクララももう7年目くらいになったのだろうか。
新入社員の名前もずいぶん様変わりしたことだろう。
キラキラしてないほうが珍しいくらいかもしれない。
いや、まだ、そこまでないか。
でも、あと数年もしたら、新入社員のほとんどの名前は
キラキラしているに違いない。
そんなキラキラネームと自分の名前を比べたときも、
ぼくは自分の古さを感じる。
初対面の人に口頭で自分の名前を説明するとき、
「皇太子の浩宮さまの浩に、昭和の和です」と言うとき、
ぼくの頭のなかにはいつも零戦が飛ぶし、
キノコ雲が浮かぶし、三億事件の犯人のあの写真が浮かぶ。
戦争も三億円事件もリアルタイムでは知らない世代だが、
自分の名前にしみついた昭和はそれらを呼び起こす。
ぼくって新しいものと比べたら古いんだなあ。

中山さんの猫の名前も胡留(うる)と言うらしい。
キラキラしている。
まだ胡留に会ったことはないが、
会ったらその輝きにぼくの後ろには濃い影ができるに違いない。
会う機会があったら、日焼け止めを塗っていこうと思う。
古くなった肌に強烈な光はシミの原因になる。
こんな話しをすると、中山さんは
「あんたなんかまだまだ新しいわい!」と言って怒るかもしれない。
「わたしが生まれた頃の小銭なんて和同開珎だったわい!」
なんて言って。(う)
posted by ポケット社 at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

ダジャレみたいですね。

ピッチャーなら誰でもいいです。
ダルビッシュでもマー君でも桑田でもハンカチでも
斉藤雅樹でも前田健太でも。
好きなピッチャーのフォームを頭に思い浮かべながら、
その動作に合わせて自分の身体も動かします。
両手をセットポジションの位置で構えて、
18.44メートル向こうで構えるキャッチャーを見据える。
牽制も一球くらいなら挟んでもいいでしょうね。
ただ何球も続けるとブーイングが
起こるかもしれませんのでご注意を。
構える。足を高くあげ大きく振りかぶって、
手の中の見えないボールを見えないキャッチャーに向かって
スナップをきかせながら投げる。
いわゆるシャドーピッチングというやつですね。
野球選手などは、タオルを持ってよくやるみたいですけど、
とくにタオルは必要ないです。
そのかわり全力で投げましょう。
160キロ出すつもりで全力で腕をふるといいです。

これ、ぼくが編み出した指先に血液を送る方法なんです。
冷え性なぼくのこの時期の手の指先は、まあ冷たい。
もともと細い血管が寒さでさらに萎縮してしまうのか、
指先だけ死んだように冷たくて白い。
血が通ってる気がしない。
でも、シャドーピッチングをやると、遠心力のせいか、
びゅっと一瞬にして指先に血液が流れ込むのです。
ところが、これ、とても痛いです。
投げ終わった直後、指先に落雷でもあったのかと思うほどの
電気的なびりびりとした痛みが走ります。ちょっと驚くほどです。
急激に血の巡りをするとよくないのかもしれません。
でも、その痛みをこらえて投げ続けると、
指先はじょじょにじわじわとしてきます。
先発投手みたいに100球も投げる必要はないです。
クローザーの球数で十分です。10〜15球くらい。
冒頭でダルビッシュやマー君を例に挙げましたけど、
彼らは全員先発投手なので、上原の方がいいってことですね。
末端冷え性の方は、
レッドソックスの上原になったつもりで
全力のシャドーピッチングをしてみてください。
鹿取でもいいです。
右で投げたら、
そのあとは構えを逆にして左ピッチャー。
左の抑えといえば、彼しかいないですね。
角盈男。
彼の投球フォームを思い浮かべながら左腕を全力でふりましょう。
上原からの角。
あるいは鹿取からの角。
投げ終わった後の両手はすごい血の巡りようです。
血液がベースランニングをはじめたように指先を駆け巡ります。
でも正直いって痛いです。痛いってことは、
やらないほうがいいのかもしれませんね。
冷え対策には岩下の新ショウガを食べたほうがいいと思います。
ちなみに、下は1月27日の角盈男のブログ。

千秋楽パーティに行って来ました。 
佐渡ヶ嶽部屋の!

勝負の世界厳しいのはわかっているつもりでいたが 角界厳しいね!

琴欧州 大関戻れず 顔 当然くらい! 

反面 琴奨菊 角番脱出 しかも怪我を押して!堂々としてました。 

スポーツもビジネスも改めて勝たねばね! 勝つためには 何をするべきか!? 
じゃ

角界とか角番とか、ダジャレみたいですね。(う)
posted by ポケット社 at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

これを聴いておくと今夜のイヌラジが100倍楽しい



ポケット社の2014年1月は
総力を挙げて新生姜をテーマにしていることはもうご存じですね。
そして、柴草玲さんのBGMが
新生姜の歌の編曲バージョンだというのもご存じですね。

さて、そして今日ここに掲載する動画をこれからつくるわけですが、
どうして当日ギリギリにつくるのだというと、
音声が送られてきたのが昨日の夕方のことだったのですよ。
そしてそのとき私は別のネット番組の収録をしており
当然ながら終わると飲みに行くので、今日になってしまいました。
しかし音声の到着がここまでギリギリだと、
土日で私が仕事があったり用事があったり旅行に行ってしまうと
音声なしの原稿だけの記事が掲載されてしまいますが、
そんなわけなのでお許しくださいね。
ちなみに来週は土日ともにお通夜と葬送イベントがありまして(それぞれ別人です)
音声が土曜日到着だと動画は無理かもです。すみません。

そんなわけで今日の今日になって
今夜放送される左ポケットを聴いたわけですよ。
そしてそして新生姜のBGMがあまりに名曲なので感動しまして
こんな余計な記事を書いているわけですね。
そんな暇があったらさっさと動画をつくれというのに。

さて、名曲、いや名アレンジを理解するためには
原曲を聴かねばなりません。
上のyoutubeをしっかり再生して予習しておいてくださいね。
すると今夜のイヌラジが100倍たのしくなりますからね(なかやま)

posted by ポケット社 at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする