コピーライターの左ポケット

左のポケットからは
思いがけないものがでてきます
役に立たないけれど捨てられない
自分にだけたいせつなものです

「コピーライターの左ポケット」は
RADIO BERRY-76.4☆FM栃木の
日曜日22時からの番組「柴草玲のイヌラジ」の
小さなコーナーでした
コピーライターがストーリーを書き
柴草玲さんが音楽をつけながら朗読をしてくださり
5年の長きにわたって続けることができました
番組の最終回は2015年3月29日でした
お聴きくださった皆さま、このサイトを訪問してくださった皆さま
ありがとうございました

なお、原稿と音声のみをご覧になりたいかたは
裏ポケットへどうぞ ↓
http://02pk.seesaa.net/



2014年10月05日

こんな寒い晩は新生姜ですね

p_ss_001_l.jpg

雨が降って寒い一日でしたね。
最高気温が20℃なかったですもんね。

いまで17℃くらいかな。
熱々の炊き込み飯と味噌汁がうまかったです。

ホットカーペットをつけたら猫が喜びました。

さて、こんな寒い日は新生姜ですよ。
味がさっぱりしているので
夏向きだと思っている人もいるでしょけれど
生姜そのものにカラダをあたためる作用がありますから
寒い日にもいいわけです。
熱々のご飯に刻み込むだけでもいいですよ。
ついでにゴマもふりかけますか。
ゴマもカラダをあたためます。ネギや紫蘇もです。
新生姜にネギ、ゴマ、紫蘇。なんかうまそうな組み合わせですね。
ご飯がおいしくなりそうです。お茶漬けもいいなあ。

ところで、とても簡単な炊き込みご飯風というのがあります。
あくまでも「風」です。炊き込むわけではありません。
まず、鮭缶がありますね。
鮭缶は高いって思ったら鯖缶でもいいんです。鯖缶うまいです。
炊きあがったご飯にほぐした鯖缶と
刻んだネギと刻んだ新生姜を入れて混ぜるんです。
塩はほぐした鯖缶に振っておいてください。
ついでに醤油もじゃっとかけておきます。
これがご飯の塩味になります。
混ぜたらそのまましばらく蒸らします。
熱いうちに食べてくださいね。
生姜とネギで風邪を予防するホカホカご飯です。
寒がりのポケット社長におすすめしたいです(さ)


posted by ポケット社 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

熊本に帰っていました。

熊本では夏と秋の攻防戦が大詰めを迎えており、
8回の裏あたりを戦っているくらいで、
秋側は満塁ホームランでいっきに突き放しにかかり、
ピッチャーを使い果たした夏側のベンチにはうつむく夏の姿が
見受けられるといった感じでした。
その視線の先には蝉の死骸が転がっていたのかもしれません。
つまり、熊本は肌寒いくらいに涼しかったというわけです。

熊本の秋は、毎年9月終わりに行われる「藤崎八旛宮秋季例大祭」を
境に急速に深まっていきます。
それは、別名「馬追い祭り」とも言われるように、
しめ縄などで飾られた馬のあとに勢子と言われる人たちがつづき、
まさに人馬一体となって街を狂喜乱舞しながら練り歩くという祭りです。
いちばんの見所は、やはり暴れ馬でしょうか。
太鼓やラッパの爆音に驚いた馬が走り出そうとするのを、
ハッピに「口取り」と刺繍された男衆がなだめ、
かといってただ大人しくさせるのではなく、
巧みな手綱さばきで適度に暴れさせて
後ろ足を蹴り上げ跳ねるように仕向けるのですが、
その馬の迫力に、観客たちは怯えながらも歓声をあげるのです。
個人的には、博多どんたくや長崎くんちのように、
全国的にもっと有名になってもいい祭りだと思っていますが、
きっとそうはならないでしょう。
だって、品がないんだもん。
Webで検索すると、下品で低俗で熊本の民度の低さを象徴している
祭り、なんてひどいことを書いている人もいるけど、
その通りなんだもん。
馬はいつ暴れ出すか分からないし(たまに蹴られて怪我人も出る)、
ところ構わず糞をするし、
勢子のお兄さんたちは、顔はクログロ、
髪はツヤツヤウネウネで全体的にエグザイルだし、
お姉さんたちはお姉さんたちで、
画家になったつもりか自分の顔面をキャンバス代わりに塗りまくった上、
盛大にくるんとさせた長いまつ毛はラージヒル状態だし、
こんな男女がこんな祭りで出会えば終わった後はやることはひとつで、
祭りのあとの熊本市内のホテルはどこも満室だろうし、
泊まれなかったカップルたちは、
路肩にとめた車をゆらりゆらりと時に激しく上下に揺らすことになるに違いなくて、
ほんとにもう下品で低俗です。
動物保護の観点からもほめられたものじゃない。
馬がかわいそうじゃないかと言われたらなにも言い返せない。
誰だってあの馬の寂しげな目に見つめられたら、ぎゅっと胸をしめつけられる。
おまけに熊本の特産品といえば馬刺です。いろいろと考えさせられます。
加えて、この祭りの起源がよろしくない。
加藤清正の朝鮮出兵がはじまりだから、このご時世、
この祭りを手放しで褒めたりすることはためらわれます。
だから、ぼくは、この祭りがメジャーになることはないと思います。
でも、それでいいような気もします。
むしろ、メジャーになんかなるなっていうか。
もし全国各地から観光客がやってくるようになったら、
県はすぐに、糞が不潔だから馬にオムツをさせなさいとか、
そもそも馬は危険だからポニーにしなさいとか言い出すかもしれません。
そうなると、どんどんお上品なことになって、誰のための祭りだか分からなくなる。
このお祭り、ただでさえ規制が厳しくなっています。
ぼくが子供の頃は「ボシタ祭り」と呼ばれて親しまれていたのに、
諸事情で最近ではそう言えなくなってしまっています。
仕方なく「藤崎八旛宮秋季例大祭」と正式名称で
呼ばれているのですが、それではなんだか堅苦しい。
「どんたく」や「くんち」と似て
親しみやすい響きだったのに「ボシタ」という呼び方は。
それなのに今はもうそう呼べないんなんて。くそう。なんかくやしいな。

でも、まあ、そんな祭りを今年は久しぶりに見ることができました。
あいかわらず下品でした。
馬たちは、便秘の人が見たらうらまやしさで
発狂するくらい盛大に馬糞をしておりました。
その匂いに、ぼくは懐かしさを覚えました。
子供の頃、大人たちに「馬糞ば踏むと足が速くなるとばい」と
そそのかされてほかほかを踏みにいかされたものでした。
右足で踏んだら「右足だけ速くなったら、そこでぐるぐる回ることになるばい」と
言われて、左足でも踏まされたものでした。子供にそんなこと言うなんて、
熊本の大人は、ほんとに卑劣で低俗だと思います。
あのときの靴ごしのぬくもりは今でも覚えています。
祭りの翌日、熊本の気候は、半袖でも大丈夫なくらいに
暑さがいったん勢力を取り戻しましたが、その翌日にはやはり再び肌寒くなり、
今年もそろそろ秋の勝利でゲームセットがコールされそうな様子でした。(う)
posted by ポケット社 at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

エアマックス

HERO見てます? ぼくは見てます。
よくある刑事物のドラマと違って、
起こる事件がおおげさじゃないところがいいですよね。
連続殺人が起こるわけじゃなく、ちょっとした万引きなどで、
1時間引っ張っていけるのは脚本の力でしょう。
事件に大きいも小さいもないんだ、と言われそうですけど、
事件が小さい分、人を描くことに時間を割いてあって共感できます。
なによりもぼくはキムタクが大好きです。
キムタクが映ると、うわ、キムタクだ。と思います。
自然と衣装にまで目がいきます。
この前、ちょっと興奮してしまったのは、
スーツではなくカジュアルな格好が持ち味の、
キムタク演じる久利生検事が
エアマックスを履いていたことに対してです。
うわ、キムタクと思ったあと、うわ、エアマックスと、
連続技で驚きましたもんね、あの時ばかりは。

エアマックスと言ってもいっぱいありますが、
1995年、ぼくが大学生の頃に発売されて、
エアマックス狩りまで発生したあのナイキのスニーカーですね。
ぼくは当時、ひょんなことからその靴を入手していたのですが、
狩られるのが怖いあまり、家で履くことを専門にしていました。
鏡の前に立って、メンズノンノのようなポーズをとって、
うん、とか、おう、とかつぶやいて満足する。
そのとき、フローリングの床が立てるキュッキュッという音が
たまらなく好きでした。
履いて外に出たのは、一度だけです。
路地裏に連れ込まれないように通りの真ん中を歩くようにして、
でもそれだと街にむかって自慢してるようで、
これでは狩人に見つけてくださいと言ってるようなものだと思い直し、
通りの端を歩いていたら、高校生くらいの男子の集団に気付かれて、
やばいやばいと思ってその場を離れたんですけど、
ほぼ駆け足に近い状態で逃げている途中で、
ああ、やっぱりこの靴は走りやすいなあと思ったりしたのでした。

あれから20年近く過ぎました。
その間、人生という道を走ったり歩いたり立ち止まったりしてきましたが、
せっかくのエアマックスを家に置いて、
エアの入っていないふつうの靴で生きてきたせいか、
足腰が痛くなっただけで、
思っていたよりも遠くまで来れなかったような気がします。
あのとき、狩られることを恐れずエアマックスを履いていたなら、
ぼくも今頃、検事になっていたかもしれないですよね。

これからHEROがどんな展開を見せるのか楽しみです。
久利生検事のエアマックスが若者によって狩られて、
その若者が加害者として、
久利生検事の前に現れるというストーリーも考えられますね。
HEROのいいところは、事件がおおげさじゃないところですからね。(う)
posted by ポケット社 at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

笹沼さん、おめでとう!

中山さんはいつだって突然だ。
この前の土曜日もそうだった。
突然、昼過ぎにメールが送ってきて、
タイトルには「笹沼さん結婚式写真」とあるだけで、
本分はなし。写真の添付のみ。

sasanuma_3.jpg

笹沼さんは、元々栃木FMにいた女性で、
柴草玲さんの番組を担当していて、
このポケット社は柴草さんの番組の1コーナーであるから、
笹沼さんとはそういった関係で4、5年前からの付き合いだ。
でも、おととし、栃木FMを辞め、
旦那さんの故郷である青森は八戸に行ってしまった。
そのとき柴草さんと中山さんとぼくとで小さな送別会を開いた。
笹沼さんの姿を見たのはその夜以来だった。
しかも、ウェディングドレス姿だったから、
ぼくは写真を見てけっこう驚いた。
どうやら土曜日は笹沼さんの結婚披露宴だったらしい。
招待された中山さんは、
頼まれてもないのに使命感にかられたみたいで、
その会場からどんどん写真を送ってきた。
中山さんは突然なだけでなく頻繁なのだ。

こんなのや。地酒コーナーらしい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-3.JPG

こんなのや。洋酒コーナーらしい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2.JPG

このなのも。ステーキコーナーらしい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-3.JPG

思うに。
きっと八戸の披露宴会場では、
スマフォを持って精力的に動き回る中山さんを見つけた
他の出席者の方々のあいだで、
以下のようなやり取りがあったのではないだろうか。

「オノヨーコみたいな人が披露宴そっちのけで、
 写真撮りまくってメールしてるよ」
「失礼なオノヨーコだね。注意しておいでよ」
「世界のオノヨーコに注意できるのはジョンレノンくらいだよ」
「じゃあ恐山行っておいでよ」
「イタコかい?」

そしてその一時間後、披露宴会場の片隅で再会を果たした、
オノヨーコ似の中山さんとイタコのジョンレノンは、
成り行きで夫婦漫才を行ったとも考えられる。

ジョン ジョンレノンです。
ヨーコ オノヨーコです。
二人  2人合わせて、イマジンです。
ジョン 久しぶりですね。ぼくが凶弾に倒れて以来ですから、
    30年ぶりくらいですか?
ヨーコ もうそんなになりますか。あれは痛かったですか?
ジョン そりゃ痛いよ。死ぬかと思ったよ。
ヨーコ いや、死んだから! たしかに死んだから!
ジョン こんな感じでね、死に別れてもなお2人の息はピッタリ。
    これが夫婦なんですね。
ヨーコ 先輩夫婦として、これから家族を作り上げていく
    新しい夫婦にむけてなにかありますか?
ジョン じゃあ結婚生活に必要な3つの袋の話をしようかな。
ヨーコ いいですね。結婚式のスピーチっぽい。ひとつ目は?
ジョン ひとつ目は、給料袋。
ヨーコ それは大事。いくら愛があっても、
    お腹はふくれませんからね。じゃあ二つ目は?
ジョン えー堪忍袋です。
ヨーコ 結婚から3年もすれば、
    お互い我慢が必要になってきますからね。
    はい、じゃあ最後、三つ目は?
ジョン 池袋。
ヨーコ ジョン。それ弱い。オチとしてそれじゃ弱いよ。
    しかも、ここ青森だから。ね。ジョン。
    東京の地名出しても、みんなぽかーんとしてる。
ジョン じゃあ東池袋。
ヨーコ いっしょです。ジョン。あんたまた撃たれたいの?
ジョン すみませんまさお。
ヨーコ ばかやろう! どうすんのこの空気? 千昌夫にも謝れよ。
ジョン じゃあ、歌います。
ヨーコ 歌ってごまかすの? まあジョンレノンだからいいか。
    で、なに歌う? 
    イマジン? イエスタデイ? レットイットビー?
ジョン コブクロで蕾。
ヨーコ それが三つめの袋かい! もういいわ!
二人  ありがとうございました!

まばらな拍手が鳴り止んだあと、
ステージには柴草玲さんがあがったそうだ。

shibakusa_1.jpg

へんな歌うたわないといいけど、と中山さんは思ったらしい。
せめて「さげまんのタンゴ」はやめて、と中山さんは願ったらしい。
すると柴草さんは「イカの歌」というのを歌ったそうだ。
なんかもうみんな自由だな。
笹沼さん側はいいとして相手側の親族が、
イタコと漫才するコピーライターを見て、
イカの心情を歌い上げるミュージシャンを見て、
なにを思ったのかは心配だけど、
楽しい披露宴だったのだろうということが写真からはうかがえる。
よかったですねえ。笹沼さん。
おめでとうございます。笹沼さん。
末永くお幸せに。笹沼さん。(う)
posted by ポケット社 at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

笹沼さんとRadioBerryの愉快な仲間たち

BE4.jpg

笹沼諒子さん、2014年6月28日の結婚披露宴に
私たちを招いてくださった笹沼諒子さんは
もうとっくに白鳥諒子さんなのですが、
どうも私たちにはピンと来ないので、
相変わらず笹沼さんとお呼びしているわけなのです。

FM栃木-RadioBerryの元役員はスピーチで
「白鳥諒子という名前でメールもらって
 そんな女優みたいな社員が弊社にいたかとあせった」というようなことを
おっしゃっていましたが、確かにそうですね。
やっぱ「笹沼」で行きましょう、我々は。
私としては「白鳥」と言われると
白鳥伝説とか、物部氏とかヤマトタケルとか、古代史が浮かびますし
なんだかものものしい雰囲気になりますね。

さて、その笹沼諒子さんの結婚披露宴には
RadioBerryの役員、先輩、同僚が大挙していらしていました。
笹沼さんはもう社員ではないので全員に「元」がつきますが。
とりあえず、その一部が下の写真のかたがたです。

be_1.jpg

すでに二階で飲んでいる人々もいましたが、
こんなにみんな来ちゃって放送は大丈夫だったのでしょうか。
真ん中で花輪をつけているのが笹沼さん本体ですね。
そして、下の写真のような感じでウイスキーなど飲んでます。
ここにも花輪の笹沼さんがいますね。
お気遣いありがとうございます。
こちら、あんまりかまわなくていいですから
同級生や飲み仲間やご主人の同僚やお友だちのところへ行ってくださいね...
という心配が無用なくらい、笹沼さんはそのあたりはちゃんとしています。

BE3.jpg

ビンゴがはじまり、ほどよきところで我々は引き揚げようか、
ということいなると、
またどこからともなくあらわれた笹沼さんがお見送り ↓

BE_2.jpg

そして、娘を嫁に出した気分で
トボトボと夜の八戸を歩くRadioBerryの白髪の元役員おふたり...
というのはウソです ↓

BE5.jpg

このおふたりはスーパーマイペース。
男子社員や女子社員に「おじいちゃんず」と呼ばれています。
私もさっそくそう呼ばせていただきました。
おふたりともキレイな白髪で
元社長と元東京支社長、どっちがどっちか区別つきません。
区別つかなくてもおふたりは気になさいません。
いい会社ですね、RadioBerryは。

そして、おじいちゃんずは揃って酒飲みです。
昨夜飲んでうまかった飲み屋を思い出すために
我々を引き連れて歩いておいでです。
はじめはまったくわからなかったそうですが、
昨夜食べた鯖の塩焼きと蛸の白子の引力に引っ張られ
恐ろしいことにちゃんと思い出してくださいました。
蛸の白子は売り切れていましたが、
鯖の塩焼きはうまかったです。

おかげさまで、なんか八戸っていいなあ。
うん、いいかも...と、思うようになりました。
こんどはポケット社長と行ってみようかと思うのでしたが、
おじいちゃんずがいないと寂しいです(さ)

関連記事はこちら:http://01pk.seesaa.net/article/400495963.html

posted by ポケット社 at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

Radio Berryの笹沼さん結婚しました

sasanuma.jpg

本日2014年6月28日はRadio Berry の笹沼諒子さんの結婚披露宴でした。
笹沼さんといえば、「コピーライターの左ポケット」のコーナーを
つくってくださった恩人です。
できれば一生Radio Berryにいてもらいたかったですが、
ある日突然、「結婚します」「えええ〜〜」ということになりました。

結婚はね、1年くらい前からしてるんですよ。
しかも八戸に嫁に行ったんですよ、青森ですよ。
披露がまだだというので、それが今日だったわけです。

その前に宇都宮へ戻ってきてくれないか、とか
いろいろ願う人たちはいたわけで、私もそのひとりでしたが
別れる様子もなく、逃げ帰ることもなく
たいへん幸せそうに本日を迎えてしまいました。
ええまあその、ご主人も良さそうな人でお似合いといえばお似合いです。
とはいえ青森は遠いし、宇都宮にいた頃のようには会えないし
寂しいじゃないですか、我々としても。

まあ、そんなこんなで愚痴っぽく参列した披露宴ですが
なんか、あたたかい感じのいい披露宴でしたよ。
写真を何枚かポケット社長に送ったんで何か書いてくれればいいんですが。
私はこれから二次会に行かなきゃいけないんですよ。
とにかく行ってきますね(なかやま)

sasanuma2.jpg

タグ:笹沼諒子
posted by ポケット社 at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

はじめての歌舞伎。

歌舞伎っておもしろいんですね。
歌舞伎といえば、これまで歌舞伎揚だったので、
おいしい以外の感想を持つなんて思ってもみませんでした。
先日、人生ではじめて歌舞伎座に行ってきました。
前を通ることはたまにあったのですが、中に入ると、へえこうなってるんだ。
ふうん。あ、もぎりのお姉さんもどことなく古風というか顔つきが伝統的というか。
NHKの女子アナみたいでタイプだな。解説用のイヤホンをレンタルしておこう。
700円もすんの? それとは別に、あとで返してくれるみたいだけど保証代として
1000円だって。あ、ビール売ってるんだ。意外だな。どうしよう。飲もうかな。
でも寝ちゃうからやめておこう。
席はどこだっけ。もっと向こうだな。あれ。ここは花道だから通り抜けできない? 
これが花道なんだ。へえ。ぼくが通ってきた道とは全然違うなあ。

と席に着くまでも楽しくて、着いたら着いたで。

広いなあ。天井が高い! あの両側の席の人たちなんなの? あれが桟敷席か。
あの席いやだな。恥ずかしくないのかな。見に来たのに見られてる気がしないのかな。
自意識過剰な僕には無理だな。あ、歌舞伎座もなかアイス食べてる人がいる! 
食べたい。いや、でも、今食べなくてもいいかも。休憩時間が何度かあるらしいから、
そのときに取っておこう。あの舞台に降りてる幕、なんて言うんだっけ。緞帳?
あの柄というかあの配色がいかにも歌舞伎っぽい。というか歌舞伎揚の袋っぽい。
写真撮っていいんだっけ? 撮ってる外人がいるから平気か。いや。外人だから、
係の人が注意できないだけかも。だって日本人って外人のこと苦手じゃない。
あ、日本人も撮ってるから大丈夫みたい。というわけでカシャ。こちらもカシャ。
その写真を妹に「歌舞伎座に来とるばい」というメッセージとともに送る。
そのうちにあと10分で開演ですというアナウンスが。
チラシの裏面にある演目の解説に目を通す。予備知識を頭にいれておかないと、
ついて行けないに決まっている。

そして始まったはじめての歌舞伎。

でかい矢を持った人が舞台の真ん中に立っている。
よく分からないけど十八番のうちのひとつらしい。
レンタルしておいた解説用のイヤホンの手助けもあって、内容はある程度分かる。
意外とギャグっぽいセリフもあって笑い声もあがる。
あ、出た。◯◯屋!という観客席からの掛け声。これ聞いてみたかったんだよな。
ほんとに言うんだ。へえ。なんと言ったのはかは、聞き取れなかったけど、
どことなく事務的な言い方だった。恥ずかしくないのかな。
タイミング外したらたいへんだな。自意識過剰な僕には無理だな。
その後も、海老蔵が出てきたりして、ああ、かっこいい、
そりゃあモテるでしょ、と思ったり。ただ、あれが本当に海老蔵だったのかは、
化粧のせいで分からない。あの化粧を取ると、あの顔があそこにあるんだよなあと
想像するしかない。でも、声は確かに海老蔵、聞いたことがある。
海老蔵のあとにも、名前を聞いたことがある人が舞台にあがって、この人誰だっけ? 
菊之助? それって前田敦子と噂がある人? 違う。その人じゃない。
その前田敦子じゃない人が獅子の頭をつけて長い髪をぐるんぐるん回していた。
すごいね。きれいだね。先端まできれいに回すにはすごい技術が必要らしい。
帰りの地下鉄のなかで、さっそく海老蔵のブログをチェックしてみたら、
すでに家に帰っていた。長兵衛から海老蔵に戻りました、みたいなことを書いていた。
さっき舞台の上で海老蔵が演じていたのは確かに長兵衛だったから、
あれは海老蔵だったようだ。それにしても、帰るの早いな。

こんな感じで、不勉強のまま突然行っても歌舞伎は十分楽しめました。
3時間くらい。映画は2時間以内でお願いしたいぼくは、
見る前は長いなと思っていたけど、休憩時間もあって、
その間に場内を散策したりお土産を買ったりできたのでちょうどいい長さでした。
歌舞伎は煎餅だと思ってる人にはぜひ見てもらいと思います。
ただ、チケットがちと高いのよね。(う)
posted by ポケット社 at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

連休最終日

スターバックスにおります。
あるビルの1階と2階が店舗になっており、
その2階にいるわけですが、あいにく窓際のソファ席は埋まっていたため、
壁際の大きなテーブル席のはじっこでノートパソコンを広げてこれを書いています。
直前までこのパソコンで「スローなブギにしてくれ」という
古い邦画を見ていたところです。
登場人物たちの関係が複雑なわりにセリフが説明的にならずに、
でも分かりやすくなっていてすごいなと思っていたら、
突然ベッドシーンになりおっぱいが大写しになったため、
慌てて停止ボタンをクリックしました。
体温が一気にあがった気がします。
顔も真っ赤になっていたはずです。
そっと後ろを振り返り、
誰の視線もこちらにむいていないことを確認して
ようやく落ち着くことができたのですが、
ぼくは突然やるべきことを失ってしまいました。
さてどうしようかと考え、
ふと最近ポケット社の記事を書いてなかったことに思い至り、
こうやって書きはじめた次第です。

向いの席には、外国人の男と日本人の女のカップルが座っています。
男の方は、長めの髪にはパーマがかかっていて、金縁のメガネがとても知的です。
イタリア人ではないかとぼくは踏みました。
女のほうはショートカットで化粧気がなく地味な顔立ちです。
登山が趣味です、とか言いそうです。
この二人が、さっきから何度もキスをしていまして、
みょうにいらっとします。
こっちは、大好きなベッドシーンを諦めたのに、
お前たちはなんだんだ。キスだけが人生じゃないだろうに。
男のほうが、ケータイで話しはじめました。
こら。うるさいぞ。さらにいらっとします。
女の方が注意しないことにもいらっとします。
ぼくの英語力では、男がなにを言っているのかは、
まったく分かりませんが、楽しそうでいらっとします。
英語?
なんだ。この男は、イタリア人じゃないのか。
もうそのことにもちょっといらっとします。
電話を切った男は、女にむかって片言の日本語で、
何事が言っていますが、
その片言な感じにも声の大きさにもいらっとします。

おっと。ここまで書いたところで、
いま、こっそりとおならをしましたところ、意外と臭います。
さっきカレーを食べたせいでしょうか。
出たのは少量だったにも関わらず、
強烈なものが股の間から迫り上ってきます。
やばい。向いのカップルのほうまで行ったら、
面倒なことになるかもしれません。
急いで、紙コップに入っているコーヒーの
プラスティックのフタを取ると、
カップを臭いがこもっているあたりに持って来ました。
臭いをコーヒーの芳醇な香りでごまかしてしまおうと
思ったのですが、うまくいったようです。
目の前のカップルは、気付かずに何度目かのキスをしています。
おならのなかで確認し合った愛は、どんな味がしたのでしょうか。
たまたまですが、仕返しをしたかのような達成感すらあります。

ぼくの連休最終日は、こんな感じです。
みなさん、どうおすごしでしょうか。(う)
posted by ポケット社 at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

上田浩和 2014年4月27日放送

1404ueda.jpg

はみだし刑事

        上田浩和

先日近くのコンビニで起こった強盗事件について、
昨日のニュースは「犯人はいまだ逃走中です」と言っていたので、
そろそろやって来るかもしれないという予感はあった。
だからチャイムが鳴り、
玄関先に二人の刑事が立っているのを見たときは、
やっぱりなと思った。
眼光鋭いベテラン風と精一杯虚勢を張った感じの若い男。
その風貌に最初はひるんだが最近ではもう慣れた。
「はみだしさんはご在宅でしょうか」
ご在宅もなにも洗面台にこびりついていますよ、はみだしさんは。
二人は家にあがると洗面所にむかい、洗面台の前に陣取る。
洗面台の淵には、
歯磨き粉がチューブから3センチほどはみだしたまま
かぴかぴに乾いてこびりついている。
掃除しないのには理由があった。
このはみだした歯磨き粉、実は刑事なのである。
だから掃除するなと言われているのである。この刑事たちから。
知らない人にはひからびた白いナメクジにしか見えないそれが、
深い洞察力と常人にはないひらめきを兼ね備えた優秀さで、
いくつもの難事件を解決に導いてきたのだという。
「はみだしさん。またちょっと行き詰まってまして。
ひとつお知恵を拝借できませんか」
とベテラン風がこびりついた歯磨き粉に向かって話しかける
その姿に、わたしはばかじゃないのと思う。
若いほうがメモを取る準備をする。
わたしは死ねばいいのにと思う。

その日の夕方、若い方から犯人が捕まったとの連絡があり、
最後に「はみだしさんに、今回もご協力ありがとうございました、
とお伝えいただけますか」と付け加えた。
そんなこと言われてもねえ。
歯磨き粉が刑事だなんてどうしても信じられない。
その空気を察したのか、
若い刑事はトーンを一段落とした声で言った。
「大丈夫です。あれは、ただの歯磨き粉で刑事なんかじゃありません」


出演者情報:柴草玲 http://shibakusa.kokage.cc/
タグ:上田浩和
posted by ポケット社 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

社長近影

1405U~.jpg

2014年4月5日、お花見の公園で録りました。
ポケット社長、上田浩和の近影であります。
寒そうな服装で来たので私のセーターを貸したら
そのまま着て帰ってしまいました。
その後、セーターを返してやるから飯を食わせろという
脅迫状が届きました。
社長としていかがなものでしょうか...(さ)



タグ:上田裕和
posted by ポケット社 at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする