コピーライターの左ポケット

左のポケットからは
思いがけないものがでてきます
役に立たないけれど捨てられない
自分にだけたいせつなものです

「コピーライターの左ポケット」は
RADIO BERRY-76.4☆FM栃木の
日曜日22時からの番組「柴草玲のイヌラジ」の
小さなコーナーでした
コピーライターがストーリーを書き
柴草玲さんが音楽をつけながら朗読をしてくださり
5年の長きにわたって続けることができました
番組の最終回は2015年3月29日でした
お聴きくださった皆さま、このサイトを訪問してくださった皆さま
ありがとうございました

なお、原稿と音声のみをご覧になりたいかたは
裏ポケットへどうぞ ↓
http://02pk.seesaa.net/



2015年01月04日

あけましておめでとうございます。

紅白歌合戦、白組の優勝でしたね。
今年は紅かなと思ってたんですけどね。
中森明菜も健在だったし、松田聖子の娘もがんばっていたし、
その姿に感極まって泣いていた松田聖子には感動したし。
それなのに集計結果は紅を大きく引き離しての白でした。
意外だったなあ。あそこまで差が開いたのはなぜだろう。
司会が嵐だからファンの票が大きく流れていくのでしょうか。
ま、どっちでもいいか。

ぼくはね、熊本に帰ってきていますよ。
紅白も自宅のコタツのいつもの席から見ました。
その紅白が終わって9時間後の元旦の朝、
家のチャイムが鳴らされました。
元旦早々なんだなんだと玄関まで飛んでいくと、
小包をもったおじさんが立っていました。
元旦から宅急便が届いたことに驚きつつ、
元旦から働いているおじさんに敬意を払いながら伝票を確認すると、
送り主の欄には「中山佐知子」とあります。
さっそく開けてみたら、中身は佃煮。
穴子と貝柱とふきと昆布の4種類が、
それぞれパックに入れられていました。
新年早々、中山さんがサプライズを仕込んでくれていたようです。
ありがとうありがとう。ありがとう中山さん。
さっそくおせちと一緒にコタツの上に並べて、
みんなでつつき合うと、濃い目の味付けがどれもおいしい。
妹はごはんが食べたくなったと言い、
茶碗にごはんをよそって食べはじめたのですが、
そうなるともはやおせちと言うか「おせち定食」のように見えて、
ぼくは思わず笑ってしまい、それが今年の初笑いになりました。

妹は元気にしておりました。
お金を貯めているようです。
お兄ちゃんも、服とか買わんで貯金せんといかんよ。
服てたい、金もかかるし収納に場所もとるでしょうが。
いま持っとるのでよかとよ。じゅうぶんじゅうぶん。
と元旦の夕方熱く語っていた妹に、
「じゃあ今年はセール行くのやめとくや?」と聞きました。
ぼくと妹は毎年、二人揃って正月のセールに行くのです。
すると妹は「行く」と即答。そして、二日のセール初日。
妹は、セーターを色違いで2枚、
それとウールのスカートを買っていました。
どれも値下がっているとはいえ安くはありません。
収納に場所もとります。
言ってることとやってることがばらばらな妹です。
そのくせ、厚手のジャケットを買ったぼくには、
「なんでそがん場所とる服ば買うと? 高かし」
と言ってくるあたりたいしたものだと思うのです。

みなさま、今年もよろしくおねがいします。(う)
posted by ポケット社 at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

明けましておめでとうございます。

osetip.jpg

明けましておめでとうございます。
私の住む世田谷の奥地ではいま現在初雪が降り、
風情というよりはクソ寒い元旦になりました。

ポケット社長は同窓会に出席すべく故郷熊本へ帰郷しております。
昨夜、我が家では友人が年越しに来て、
熊本の社長本家から送られてきたクルマ海老をいただきました。
上の写真は我が家のおせちの一部、煮染めや出汁巻きなどの写真です。
下がそのクルマ海老を七輪で焼いているところです。

ebi2.jpg

私は海老ならクルマ、カニならズワイ(越前蟹、松葉蟹と呼ばれるやつですね)が
いちばんうまいと思っているくせに生きた海老やカニは触れません。
食べるのは大好きなんですけどね、ええ。
海老の奴らは生きていると攻撃しますよ。尻尾で刺そうとします。
カニはですね、怒って立ち上がります。
あの長い足でうわ〜〜っと立ち上がるんですよ。
おまえら、ワシを食おうっちゅうんかいみたいな。
あんな怖い連中がなんでこんなにうまいんでしょうね。

kurumap.jpg

しかし、我が家のもうひとりの住人も昨夜のお客も
海老の攻撃をものともしない奴らでした。
生きた海老の皮を剥いて食べ、生きた海老に串を打って
塩焼きにしては食べました。
もちろん私の分も串を打って焼いてもらいました。
殻ごとバリバリ食べられます。
社長の故郷はうまいもんがたくさんあって羨ましいですね。

さて、新年の「コピーライターの左ポケット」は
1月11日からはじまります。
その頃にはポケット社長も熊本から戻ってきて
2月分の原稿を書いていることでしょう。

皆さま、今年もよろしくお願いいたします。

posted by ポケット社 at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

そしてサザンが歌いはじめた。

なんで書き忘れていたんだろう。
先々週だったか、柴草玲さんと中山さんたちとで
ポケット社の忘年会を開いたのに、
なぜそのことを書き忘れていたんだろう。
ポケット社の忘年会だったのに、
ポケット社のブログ上で報告していなかったなんて。
柴草さんの存在感にはあいかわらず少し現実味がなくて、
中山さんの存在感にはあいかわらず他を圧倒するものがあったのに。
小松会長はインフルエンザで欠席されたけど、
細川社員は忙しい合間を縫って来てくれたのに。
元ランダムハウス、つまり、昔中山さんの部下だった
岡田くんもゲストで来てくれたのに。
なんで書き忘れていたんだろう。

場所は、銀座から少し離れたお世辞にもきれいとは言えない、
小汚いと言ってもまだ誉めているように思える
大汚い中華料理屋だった。
なぜそこにしたのかというと、柴草さんの偏ったキャラには、
キャラが偏った店のほうがいいだろうと思ったからだ。
朱色のテーブルは油でべとべとしてる。
呼び出しボタンを何度押しても誰も来ない。
ようやく来てくれた中国人のお姉さんは日本語がカタコト。
隣のグループとの間に距離がなさすぎて気をつかうし、
人口密度が高すぎるため奥の席に座った人は
トイレに立つときルート確保がむつかしい。
そういう困った面がたくさんあるけど、
でも、味はいいという店のキャラを、
柴草さんなら許容してくれたうえで喜んでくれそうな
気がしていたのだけど、当日、
先に着席しておられた柴草さんを見た瞬間、
それは誤解だったかもしれないと思った。
それは、柴草さんが緑色のベレー帽をかぶっていたからだ。
汚い中華料理屋にベレー帽をかぶってくる人はいない。
柴草さんは、素敵なイタリアンかフレンチのお店、あるいは、
トキワ荘に連れて行ってもらえると思っていたのかもしれない。
しまったなあ。
ぼくは席に着くなり、柴草さんの目の前にメニューを突き出し、
好きなのを注文してください!と言った。
この罪悪感を少しでも晴らそうと思ったからだ。
なのに、中山さんが「この店はねえ」と言いながら、
柴草さんの意見を待たずしてつぎつぎと注文していったので、
かえって罪悪感が増幅されることになってしまった。

そんな感じではじまった忘年会ではあったけど、
なんだか妙に楽しかった。
ぼくはみなさんからプレゼントをもらったりした。
(いちおう報告しておきますと、ぼくは11月に結婚しました)
中山さんは、オノヨーコになりきって、ジョンレノンとの思い出を語ったり、
ポールマッカートニーの悪口を言ったりしていた。
岡田くんがランダムハウスをやめてもう10年たつことにはえらく驚いた。
驚いた勢いで、来年2月分のポケット社の原稿を依頼した。
細川社員は出張で行っていたミャンマーの話をしたあと、
打ち合わせがあるとかで忙しく帰っていった。
みんなの話を聞きながら、ぼくはちらちらと柴草さんの様子をうかがっていたけど、
終始ごきげんさんに見えた。
結局最後までベレー帽が店の雰囲気になじむことはなかったけど、
ぼくの心配は杞憂に終わったようだ。
ぼくとしては、この場を、
かねてから小松会長に会いたがっていた柴草さんと
小松さんが初めて出会う場にしたかったんだけど、
それはまた次の機会にしよう。

というようなことを今、紅白を見ながら書いている。
今年の忘年会のことは、なんとしてでも今年のうちにアップしなければならない。
急げ急げ。全然まとまらなかったけどまあいいってことにしよう。
たった今、AKBが歌い終わって、福山雅治が歌いはじめたところだ。
なんて福山雅治はかっこいいんだろう。見入ってしまう。
見入っているうちに、次は中島みゆきだ
白いマイクを持って麦麦歌いはじめた。麦は泣き、麦は先き。麦だ麦だ。
来年もまたみんなで楽しくビールを飲める一年になりますように。
みなさま、よいお年を。あ、次は美輪明宏だ。愛の讃歌を歌うそうだ。
これが終わったらアップしよう。(う)
posted by ポケット社 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

社長の結婚

U~koama.jpg

新婚のポケット社長でございます。
隣が新婚のポケット社長夫人でございます。
なんでこんなにかわいい嫁が社長のところへ来るのか
私にはさっぱりわかりません。

しかもかわいいだけではありません。
IQも偏差値も社長より高いです。
同業で同じ会社で、仕事も社長より…ええまあ…その。

なんだか宝くじに当たったような嫁です。
社長は人生の運をここで使い果たしても悔いがないと
思われる嫁です。

社長はどうもこのところにたにたしています。
まあ、無理もないか(なかやま)


タグ:上田浩和
posted by ポケット社 at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

出汁

中山さんから荷物が届いた。
大きなダンボールだったけど見かけほどは重くない。
開けると、緑色の筒状のタッパーが入っていた。
フタの直径は30センチくらい。
高さも僕の脛くらいまである。小さな太鼓のようだ。
それが縦に二つ積んであったから、ダンボールは大きくなったのだ。
そのタッパのあるタッパーの丸いふたを開けてみると、
なかは小さな魚の死骸でうめつくされていた。
魚だけにぎょっとした。
これが人間だったら、歴史に残る大量虐殺になる。
その首謀者が中山さんだということになると、
これまでオノヨーコ似のフェイスでラブ&ピースを
世界に発信してきた中山さんの生き様に多大な影響力があるように思えた。
しかし、その悲惨な光景は、とてもうまそうに見えた。
魚の死骸というのは、つまり煮干しのことですね。
中山さんは大量の煮干しを送ってくれたわけです。
タッパーひとつに2キロ、
それが2つだから4キロもの煮干し。すごい量です。
出汁をとれ!と中山さんはおっしゃってるわけです。
他にも乾燥わかめが一袋はいっておりました。
つまり、出汁とわかめでみそ汁をつくんなさい!と
中山さんはおっしゃっておられるわけです。

ぼくはすぐに中山さんに電話しました。
日曜日の朝10時くらいでしたかね。
中山さんはまだ寝起きの声で、
中山さんにしては珍しく朝寝を楽しんでおられたのかもしれません。
「もう届いたの?」
ええ、届きましたとも。ありがとうございました。
「それを寝る前に1リットルの水に30gつけておいたら、
出汁ができるし、朝つけたら夕方にはできるわよ。
今からつければ夕食には間に合うし」
電話を切ったあと、すぐに出汁づくりにとりかかった。
言われた通り水につけると、
煮干したちの体の表面に空気の泡がたくさんついて、
そのうち息を吹き返すんじゃないかと思えて目をそらしてしまった。
ところで煮干しって何の魚なんでしょうかね。
マグロには見えない。クジラでももちろんなさそうだし、
鯖とも違う。ヒラメやカレイほど平べったくもないし、
煮干しで検索するとWikipediaに、「カタクチイワシが一般的」とありました。
カタクチイワシだって。知らなかったな。
今度海の水はしょっぱいの?と聞かれることがあったら、
カタクチイワシから出汁が出ているからだよ、と言ってみよう。

19時くらい。ボウルのなかをのぞいてみると、
触らなくても煮干しが柔らかくなってるのが分かった。
底には、煮干したちのカケラが沈殿している。
そして、午前中はただの水道水だったものがほんのりと色づいていた。
ほおお。これが出汁ですか。
この煮干しの残り湯と言えなくもないものが、料理の基本となるのですね。
「まだ昆布が入ってないけど、うまいのができると思うわよ」という
中山さんの言葉通り、できたみそ汁はうまかった。
出汁がきいてるって、こういうことかと思った。
「出汁」と漢字で書くとどうしても「出光」を思いだしてしまうけど、
全然石油くさくないし、味が濃いというかしっかりしてるというか、
飲み慣れた牛丼の松屋のみそ汁は、
実はあんまりおいしくなかったということが分かった。
わかめと豆腐だけのシンプルなみそ汁だったけど、
徳島産のわかめは、中山さんおすすめのものだけあって、
肉厚でかみごたえがあり、かむたびにじわっとうまい。
噛み慣れた松屋のみそ汁のわかめが、
実はぺらんぺらんだったいうことが分かった。

日本人を40年近くやってきたが、
出汁からみそ汁をつくったのは家庭科の授業以来だった。
やっぱり料理っていうのは、自分でつくってみないと、
どこにこだわりがあるのか分からないものですね。
どこにこだわってるかが分かると、さらにおいしさが増すというかね。
料理に関しては全く分からないですけど、
中山さんにはいいものをもらったということは分かりました。
どうもありがとうございました。(う)
posted by ポケット社 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

柴草玲「岩下の新生姜の主題による、たいそう小さな前奏曲」

ときどきこれ聴いて楽しんでます(なかやま)

タグ:柴草玲
posted by ポケット社 at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

スタバはすでにクリスマス

今、スタバにいるのですが、
もうクリスマスモードになっていますよ。
店内のいたるところに赤い装飾がちりばめられています。
メニューにもクリスマスブレンドなるものが増えていたので、
さっそく注文してみたところ、紙コップも赤いです。
でもまだ早くないっすか?
クリスマスまで50日はありますよ。
さすがのサンタもまだなんの準備もしていないと思うのですが。
まだクローズ状態。
サンタの家の玄関には「準備中」の札がかけられているはずです。

とここまで書いて、「サンタクローズ」という
ダジャレを思いつきましたよ。
「クローズ」という不良たちの漫画がありますよね。
それを下敷きにした「サンタクローズ」という
不良なサンタによる学園漫画はどうでしょうか。
白いあごひげをリーゼントにした不良サンタが、
改造したトナカイで授業中の学校に乗り込んできて、
子供たちにプレゼントするはずだったプレイステーション4を振り回して、
これはゲームじゃねーんだよ!と叫びながら、
ライバルたちをぼこぼこにしていく。
最初は真っ白だった不良サンタの学ランは、
ライバルたちの返り血と自らの血でどんどん真っ赤に染まっていき、
なぜサンタの衣装は赤いのか、その真の理由が明らかになり、
漫画サンタクローズドの第一部は完結です。

第二部は、サンタの存在を信じない転校生が都会から
やって来るところから始まります。
そいつは、転校初日から「お前まだサンタなんか信じてんの?」と周囲を煽り、
味方につけ、あっという間に一大勢力を築き上げます。
勢いづいた転校生は、サンタの命の次に大事な改造トナカイを奪い、
頭部を壁掛けのオブジェにしようと斧を振り上げる。
そこにサンタが助けに現れる。しかし逆に囚われてしまう。
それは転校生による陽動作戦だったのですね。
ここからが、第二部の、いや、この漫画全体のクライマックスです。
サンタが所属していた老人会のメンバーたちによる救出劇の末、
最後は、サンタによる渾身のプレイステーション4による一撃で
転校生とその一味はふっとぶわけです。
キメ台詞的に「サンタは信じなくてもいいけどよ、
俺たちの友情パワーは絶対なんだよ!」
みたいなことをあごのリーゼントを整えながらサンタが言えば、
シルバー世代の共感を得られるかもしれません。
その後日談として、そんなごたごたで慌てたサンタが、
間違ってクリスマスの前にプレゼントを配ってしまい、
あわてんぼうのサンタクロースがなぜ慌てていたのかの理由が明らかになる。
そんなオチも考えられますね。(う)

posted by ポケット社 at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

「RADIO BERRY - 76.4FM | FM栃木」のfacebookができてます

1470096_757822490944703_2941055766483249162_n.jpg

RADIO BERRY の facebook ができています。
https://www.facebook.com/RADIOBERRY/timeline
公開録音の写真や、イベントの案内、ん?花火の写真に紅葉の写真も。
あっそうだ、11月1日と2日は餃子祭りもやってたんだ。
ううむ、今年も行き損なったぜ。しまったぜ。

このfacebookはマメにチェックする必要がありそうです。

タグ:RADIO BERRY
posted by ポケット社 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろは坂の紅葉見物は渋滞がうれしいかも(栃木の秋 5)

main.jpg

11月最初の連休は、いろは坂が大渋滞だったそうですね。
絶景のドライブポイント、しかも紅葉の見頃とあっては
無理もありません。
お急ぎのかたには迷惑と思いますが、
むしろ渋滞しているくらいの方が
ドライバーのかたもゆっくりと紅葉を眺められるのではないでしょうか。

1414912921_73303.jpg

さて、上の写真は矢板市の宮川渓谷ですが、
いろは坂が紅葉を見下ろす絶景だとすると
こちらは渓谷から紅葉を見上げて楽しむポイントです。
紅葉はいろんな楽しみかたがありますね。

栃木の紅葉の名所はたくさんあります。
11月中旬から下旬にかけてのポイントもありますから
調べてみてくださいね。


posted by ポケット社 at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

幻の滝の紅葉(栃木の秋 3)

10694383_710463632378636_8589333170996621062_o.jpg

那須高原の駒止の滝は、幻の滝と呼ばれていたそうです。
音はすれども姿は見えず。
滝を見ることができるのは宮内庁管轄の場所だけでした。
いまは展望台(観瀑台)ができ、近くには駐車場もあります。

上下の写真は、FM栃木那須支社長の田辺さんです。
ちょいと無断で借用してきました。
秋の那須高原、素晴らしいですね。

10688089_710461575712175_4304120447966994535_o.jpg

posted by ポケット社 at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする