コピーライターの左ポケット

左のポケットからは
思いがけないものがでてきます
役に立たないけれど捨てられない
自分にだけたいせつなものです

「コピーライターの左ポケット」は
RADIO BERRY-76.4☆FM栃木の
日曜日22時からの番組「柴草玲のイヌラジ」の
小さなコーナーでした
コピーライターがストーリーを書き
柴草玲さんが音楽をつけながら朗読をしてくださり
5年の長きにわたって続けることができました
番組の最終回は2015年3月29日でした
お聴きくださった皆さま、このサイトを訪問してくださった皆さま
ありがとうございました

なお、原稿と音声のみをご覧になりたいかたは
裏ポケットへどうぞ ↓
http://02pk.seesaa.net/



2014年12月28日

上田浩和 2014年12月28日放送

1412ueda.jpg

りゅうくんの正月

         上田浩和

りゅうくんのお父さんは、地元の有力企業の社長をしていた。
りゅうくんはそのことにはあまり触れて欲しくないようで、
お父さんの話になると、いつも顔をうつむき加減にして、
「父親はすごいけど、息子の自分はそうでもないから」
と言いたげな表情になった。
りゅうくんにはお兄さんが一人いた。
お兄さんの話になると、りゅうくんは多少しゃべってくれた。
顔がうつむき加減なのは同じだけど、
ときどきは僕と目を合わせながら、
「おれの兄貴てた、部屋にこもって出てこんつた。
オタクつたねえ。ずーっとパソコンいじりよるもん」
というようなことをぽつりぽつりと教えてくれたりした。

授業中、僕はときどきりゅうくんの家を想像した。
閑静な住宅街のなかでひときわ目立つ大きな家。
社長が住んでますって感じ。幸せって感じ。
でも、2階の奥の一室ではぼさぼさ頭の兄が、
背中を丸めてパソコンの前にうずくまっている。
一階のリビングに目をうつすと、
厳格な両親と向かい合ったりゅうくんが食事をとっている。
会話は無い。テレビも消されている。
食器が立てる音がやけに響く。幸せって感じとは、少し違う。
僕は窓の外を眺めながら、
そんなりゅう家の風景をぼんやりと思い浮かべたりした。
そして、りゅうくんがいつもくだらない話ばかりするのは、
そんな家庭環境を少しでも忘れるためじゃないかと思ったりもした。
りゅうくんの笑顔を見るたびに、
その奥に隠された影を勝手に感じ取って切なくなったりもした。

高校1年の12月。
期末試験が終わり、そろそろ冬休みという頃、
僕はりゅうくんのことが心配になった。
家族でうまくお正月をやっていけるのだろうか。
お兄さんは部屋から出て来てくれるのだろうか。
僕の想像上の家ではあるけれど、
あんなに広い家ですごすりゅう家のお正月は、
とても寒々しいものになるような気がして仕方なかった。
明けた翌年の元旦、りゅうくんから年賀状が届いた。
そこには気味の悪い緑色の物体が貼られていた。
そのすぐ横には「お正月特別付録で俺の鼻くそ付けとくけんね」という
りゅうくんの手書きの文字があった。
僕の心配は、正月の真っ青な空に消えていった。


出演者情報:柴草玲 http://shibakusa.kokage.cc/


タグ:上田浩和
posted by ポケット社 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 番組原稿と音声 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410576628
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック