コピーライターの左ポケット

左のポケットからは
思いがけないものがでてきます
役に立たないけれど捨てられない
自分にだけたいせつなものです

「コピーライターの左ポケット」は
RADIO BERRY-76.4☆FM栃木の
日曜日22時からの番組「柴草玲のイヌラジ」の
小さなコーナーでした
コピーライターがストーリーを書き
柴草玲さんが音楽をつけながら朗読をしてくださり
5年の長きにわたって続けることができました
番組の最終回は2015年3月29日でした
お聴きくださった皆さま、このサイトを訪問してくださった皆さま
ありがとうございました

なお、原稿と音声のみをご覧になりたいかたは
裏ポケットへどうぞ ↓
http://02pk.seesaa.net/



2014年09月29日

熊本に帰っていました。

熊本では夏と秋の攻防戦が大詰めを迎えており、
8回の裏あたりを戦っているくらいで、
秋側は満塁ホームランでいっきに突き放しにかかり、
ピッチャーを使い果たした夏側のベンチにはうつむく夏の姿が
見受けられるといった感じでした。
その視線の先には蝉の死骸が転がっていたのかもしれません。
つまり、熊本は肌寒いくらいに涼しかったというわけです。

熊本の秋は、毎年9月終わりに行われる「藤崎八旛宮秋季例大祭」を
境に急速に深まっていきます。
それは、別名「馬追い祭り」とも言われるように、
しめ縄などで飾られた馬のあとに勢子と言われる人たちがつづき、
まさに人馬一体となって街を狂喜乱舞しながら練り歩くという祭りです。
いちばんの見所は、やはり暴れ馬でしょうか。
太鼓やラッパの爆音に驚いた馬が走り出そうとするのを、
ハッピに「口取り」と刺繍された男衆がなだめ、
かといってただ大人しくさせるのではなく、
巧みな手綱さばきで適度に暴れさせて
後ろ足を蹴り上げ跳ねるように仕向けるのですが、
その馬の迫力に、観客たちは怯えながらも歓声をあげるのです。
個人的には、博多どんたくや長崎くんちのように、
全国的にもっと有名になってもいい祭りだと思っていますが、
きっとそうはならないでしょう。
だって、品がないんだもん。
Webで検索すると、下品で低俗で熊本の民度の低さを象徴している
祭り、なんてひどいことを書いている人もいるけど、
その通りなんだもん。
馬はいつ暴れ出すか分からないし(たまに蹴られて怪我人も出る)、
ところ構わず糞をするし、
勢子のお兄さんたちは、顔はクログロ、
髪はツヤツヤウネウネで全体的にエグザイルだし、
お姉さんたちはお姉さんたちで、
画家になったつもりか自分の顔面をキャンバス代わりに塗りまくった上、
盛大にくるんとさせた長いまつ毛はラージヒル状態だし、
こんな男女がこんな祭りで出会えば終わった後はやることはひとつで、
祭りのあとの熊本市内のホテルはどこも満室だろうし、
泊まれなかったカップルたちは、
路肩にとめた車をゆらりゆらりと時に激しく上下に揺らすことになるに違いなくて、
ほんとにもう下品で低俗です。
動物保護の観点からもほめられたものじゃない。
馬がかわいそうじゃないかと言われたらなにも言い返せない。
誰だってあの馬の寂しげな目に見つめられたら、ぎゅっと胸をしめつけられる。
おまけに熊本の特産品といえば馬刺です。いろいろと考えさせられます。
加えて、この祭りの起源がよろしくない。
加藤清正の朝鮮出兵がはじまりだから、このご時世、
この祭りを手放しで褒めたりすることはためらわれます。
だから、ぼくは、この祭りがメジャーになることはないと思います。
でも、それでいいような気もします。
むしろ、メジャーになんかなるなっていうか。
もし全国各地から観光客がやってくるようになったら、
県はすぐに、糞が不潔だから馬にオムツをさせなさいとか、
そもそも馬は危険だからポニーにしなさいとか言い出すかもしれません。
そうなると、どんどんお上品なことになって、誰のための祭りだか分からなくなる。
このお祭り、ただでさえ規制が厳しくなっています。
ぼくが子供の頃は「ボシタ祭り」と呼ばれて親しまれていたのに、
諸事情で最近ではそう言えなくなってしまっています。
仕方なく「藤崎八旛宮秋季例大祭」と正式名称で
呼ばれているのですが、それではなんだか堅苦しい。
「どんたく」や「くんち」と似て
親しみやすい響きだったのに「ボシタ」という呼び方は。
それなのに今はもうそう呼べないんなんて。くそう。なんかくやしいな。

でも、まあ、そんな祭りを今年は久しぶりに見ることができました。
あいかわらず下品でした。
馬たちは、便秘の人が見たらうらまやしさで
発狂するくらい盛大に馬糞をしておりました。
その匂いに、ぼくは懐かしさを覚えました。
子供の頃、大人たちに「馬糞ば踏むと足が速くなるとばい」と
そそのかされてほかほかを踏みにいかされたものでした。
右足で踏んだら「右足だけ速くなったら、そこでぐるぐる回ることになるばい」と
言われて、左足でも踏まされたものでした。子供にそんなこと言うなんて、
熊本の大人は、ほんとに卑劣で低俗だと思います。
あのときの靴ごしのぬくもりは今でも覚えています。
祭りの翌日、熊本の気候は、半袖でも大丈夫なくらいに
暑さがいったん勢力を取り戻しましたが、その翌日にはやはり再び肌寒くなり、
今年もそろそろ秋の勝利でゲームセットがコールされそうな様子でした。(う)
posted by ポケット社 at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック