コピーライターの左ポケット

左のポケットからは
思いがけないものがでてきます
役に立たないけれど捨てられない
自分にだけたいせつなものです

「コピーライターの左ポケット」は
RADIO BERRY-76.4☆FM栃木の
日曜日22時からの番組「柴草玲のイヌラジ」の
小さなコーナーでした
コピーライターがストーリーを書き
柴草玲さんが音楽をつけながら朗読をしてくださり
5年の長きにわたって続けることができました
番組の最終回は2015年3月29日でした
お聴きくださった皆さま、このサイトを訪問してくださった皆さま
ありがとうございました

なお、原稿と音声のみをご覧になりたいかたは
裏ポケットへどうぞ ↓
http://02pk.seesaa.net/



2014年06月01日

栃木の川辺に暮らす猫のおはなし

junk.jpg

栃木にある川辺の森に、10年ほど前に猫を捨てた人がいました。
避妊手術をしていなかった猫は子供を生み、
さらに猫を捨てにくる人がいて、森の猫は増えていきました。

この森の猫たちを見守り、餌を運び、
捕獲できた猫は避妊・去勢手術をし
母猫が失踪した子猫は里親をさがすなどして
世話をしてきたのが、Twitter名が「junk man」という人物です。

junk man:https://twitter.com/junkman16687478

jun.jpg

しばらく前から、森の猫が消える事件が起こるようになりました。
もどってきた猫は、片腕を切られたり
背中の皮をはがされていたり、細長い刃物で顔を貫通する傷を
負わされていたりしました。
森の猫を狙って虐待を繰り返す犯人がいるのです。
生き物を傷つけたい欲求のある人は
狙う生き物がエスカレートします。
猫の次はもしや人間の子供???

junk man さんのtwitterをご覧ください。
アップされた川辺の森の写真があります。
お近くにお住まいのかたなら、この場所だと
おわかりのかたもいらっしゃるかもしれません。
ここを通行なさるときは、猫たちのことを思い出してください。
そして、不審な人物に注意をお願いいたします。

下の写真はもっとも最近にひどい目に遭ったトラ子。
いまは junk man さんの家で里親募集中です。
動かなかった前足は治ってきて動くようになりました。

tora.jpg

タグ: 栃木
posted by ポケット社 at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木のはなし | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398436115
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック