コピーライターの左ポケット

左のポケットからは
思いがけないものがでてきます
役に立たないけれど捨てられない
自分にだけたいせつなものです

「コピーライターの左ポケット」は
RADIO BERRY-76.4☆FM栃木の
日曜日22時からの番組「柴草玲のイヌラジ」の
小さなコーナーでした
コピーライターがストーリーを書き
柴草玲さんが音楽をつけながら朗読をしてくださり
5年の長きにわたって続けることができました
番組の最終回は2015年3月29日でした
お聴きくださった皆さま、このサイトを訪問してくださった皆さま
ありがとうございました

なお、原稿と音声のみをご覧になりたいかたは
裏ポケットへどうぞ ↓
http://02pk.seesaa.net/



2012年05月26日

ポケット社の忘年会だか新年会。

いい店を見つけた。
新富町の交差点からほど近いビルの3階にあるその店は、
ランダムハウスという。
もともとラジオCMおよび番組の制作がメインの会社だから、
一歩会社の中に入ると、
今では懐かしくなってしまった収録のための機材があったり、
登山できるじゃないかと思わせるほどにテープが山積みになったりしていた。
打ち合わせ用の大きなテーブルと椅子があったが、
それも一応ないと困るから置いてますって感じだったのが、
去年までのランダムハウス。
今年に入って社長である中山さんは、その内装に手を入れた。
テープをいっきに処分した。
テープをおさめていた棚を処分した。
すると、なかなか広いスペースが生まれた。
そこにカウンターを置き、スツールを8脚並べた。
壁一面の棚には、テープに代わってウィスキーの瓶やグラスや皿が並べられた。
そうなると、テーブルが俄然やる気を取り戻したみたいに、
スペースの真ん中で堂々としはじめ、
邪魔でしかなかった古い機材たちもオブジェのように見えてくるから不思議だ。
そのようにしてランダムハウスは、すっかり様変わりした。
一歩なかに入ると、はじめての人は、
この会社がなんの会社なのか分からないだろう。
照明を落とせば、バーのように見えなくもない。
ぼったくりの方だが。

24日の木曜日、
そんなバーランダムハウスでポケット社の忘年会が行われた。
ポケット社の新年会、と中山さんは「もるとゆらじお」のなかで書いたけれど、
ぼくとしては2011年の忘年会も兼ねていたつもりだ。
会長の腰の具合がよろしくなかったために
延び延びになっていた忘年会と新年会を、
ポケット社はようやく開くことができたというわけだ。
開始少し前に行くと、すでに準備万端、ぼくは何もすることがなかった。
ビールはありますか?と聞いたら、
すでに冷蔵庫の中でプレミアムモルツたちがキンキンに冷やされていた。
氷はありますか?もちろんあった。グラスは?焼酎用のまであった。
皿は?水餃子用のやや深めのものから、
人数が増えすぎたことを考慮して紙のものまであった。
栓抜きは?もちろんあった。あとは人を待つだけだった。
必要なものは全部すでにそこに用意してあったので、
いきなりやることがなくなったぼくは、
ばれないようにずっと鼻をほじっていた。
そしてそのカスを、祝!改装の気分をこめてランダムハウスの床に盛大にばらまいた。

開始時間が近づくと、テーブルの上はツマミが盛られた皿が並べられた。
チャーシュー、手羽先、煮卵、海藻サラダになんやかや。
どれも、バーランダムハウスの女将中山さんによる男の手料理だ。
しっかりとした味付けでうまい。酒がすすむ。
しかもそれで全部ではなく、60個の餃子が冷蔵庫のなかで控えている。
中山さんが栃木にある餃子屋から取り寄せたものだ。
中山さん主催ということでみんな遅れられないと思ったのか、
開始時刻から30分もした頃には参加予定者の7割が揃った。
みんな一様に驚きの顔を見せた。内装の変化に。見事な料理に。
でも、いちばんの驚きは、会の終わりに待っているということに、
そのときはまだ誰も気がついていなかった。ぼくも含めて。
帰り際に明らかにされたのだが、
ぼったくりバーランダムハウスの女将中山さんの
頭のなかだけにあるメニュー表には
「チャーシューひときれ1万円。手羽先ひとつ1万5千円。
煮卵ひとつ5千円。餃子ひとつ2万円。席料10万円」
と書かれてあったのだ。
というのはもちろん冗談だけど。
このつづきは、また今度。(う)
posted by ポケット社 at 16:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グッドアイデアをありがとう。
近日中に集金にうかがいます。
Posted by なかやま at 2012年05月27日 03:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271900065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック