コピーライターの左ポケット

左のポケットからは
思いがけないものがでてきます
役に立たないけれど捨てられない
自分にだけたいせつなものです

「コピーライターの左ポケット」は
RADIO BERRY-76.4☆FM栃木の
日曜日22時からの番組「柴草玲のイヌラジ」の
小さなコーナーでした
コピーライターがストーリーを書き
柴草玲さんが音楽をつけながら朗読をしてくださり
5年の長きにわたって続けることができました
番組の最終回は2015年3月29日でした
お聴きくださった皆さま、このサイトを訪問してくださった皆さま
ありがとうございました

なお、原稿と音声のみをご覧になりたいかたは
裏ポケットへどうぞ ↓
http://02pk.seesaa.net/



2012年05月27日

上田浩和 2012年5月27日放送

ueda.jpg

あんこがはみ出してたいへんかもな

           上田浩和

スコアボードには0がずらっと並んでいる。
両チームとも得点を奪えないまま迎えた9回の裏。
攻撃側は最大のチャンスを、
守る方にしてみれば最大のピンチを迎えていた。
ランナー3塁。つまり一打サヨナラの場面。
しかもまだ1アウト。
ピッチャーの鼓動がここまで聞こえてきそうだと、
サードを守る山下は思った。
もし自分がピッチャーだったら逃げ出したくてたまらないはずだ。
山下は小走りでマウンドまで行きピッチャーに声をかけたが、
効果があったのかは分からない。
守備位置に戻りながらふと顔を上げると、
相手チームのランナーの足下にあるサードベースが目に入った。

山下がそのことに気がついたのは、3回裏の守備のときだった。
慣れ親しんだはずのサードベースの様子が、いつもとは違ったのだ。
サードベースは、ふつう四角と決まっている。
であるのに、きょうのサードベースは、丸い。
ふつうは白いはずなのに、きょうのはどこか黄色っぽい。
格子模様が入っている。砂糖までまぶされている。
そして焼き立てだった。3回の時点ではまだほかほかしていた。
うまそうだった。
その印象は、すっかり冷めてしまった9回になっても変わらない。
きょうのサードベースは、メロンパンだった。

「これ、メロンパンだよな」山下は三塁ランナーに聞いた。
「ですよね。やっぱメロンパンっすよね」
「うまそうだよな」
「いやあ、おれはアンパンのほうがよかったな」
「まじ?アンパンってあんま食べなくない?」
「そうっすか?」
山下は正直意外だった。
ランナーの男は、入団5年目のまだ若手と言われる選手のはずなのに、
アンパンが好きとは味覚がベテランというかなんというか。

試合はあっけなく終わった。
次のバッターがサヨナラホームランを打ったのだ。
大歓声のなか打った相手選手が、
大げさなガッツポーズしながらゆっくりとダイヤモンドを一周する様子を、
山下は悔しそうな表情で追っていた。
そしてその選手がサードベースを踏んだ瞬間を
誰よりも間近で見ながら思った。
これがアンパンだったら、あんこがはみ出してたいへんかもな、と。
サードベースにはメロンパンがいちばん適しているのかもしれないな、と。


出演者情報:柴草玲 http://shibakusa.kokage.cc/

タグ:上田浩和
posted by ポケット社 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 番組原稿と音声 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック