コピーライターの左ポケット

左のポケットからは
思いがけないものがでてきます
役に立たないけれど捨てられない
自分にだけたいせつなものです

「コピーライターの左ポケット」は
RADIO BERRY-76.4☆FM栃木の
日曜日22時からの番組「柴草玲のイヌラジ」の
小さなコーナーでした
コピーライターがストーリーを書き
柴草玲さんが音楽をつけながら朗読をしてくださり
5年の長きにわたって続けることができました
番組の最終回は2015年3月29日でした
お聴きくださった皆さま、このサイトを訪問してくださった皆さま
ありがとうございました

なお、原稿と音声のみをご覧になりたいかたは
裏ポケットへどうぞ ↓
http://02pk.seesaa.net/



2011年02月23日

那須温泉郷を整理する




温泉郷というからにはいくつもの温泉がある。
「温泉郷」という名前を使ったのは温泉好きの田山花袋先生だが
まあそれはともかく、いまでは複数の温泉をくくって「温泉郷」というから
いったいいくつ温泉があるのかわかりにくい。
そこで那須温泉郷をざっと整理したいと思う。
だいたいが掘れば温泉が出る土地なので、
資本を投下して掘って宿を建てて○○温泉と名付ければ通用してしまいそうだが
こちらでは、那須町の公式HPに掲載の歴史ある「那須七湯」を整理しておく。

その1:那須湯本温泉(鹿の湯)
    まず、最初に発見されたのがこの温泉で
    発見者は狩野三郎という狩人だとあちこちに書いてあるが
    狩野三郎は地方役人で鹿狩りをしていて温泉を見つけたらしい。
    630年頃のことと思われる。
    硫黄泉 硫酸塩 塩化物泉 78度

その2:大丸温泉
    茶臼岳の山麓にある温泉。
    元禄のころの発見と伝えられるが詳細は不明。
    標高1300mで、那須温泉のなかでは二番めに高く、
    奥まったところにある。
    一軒宿の大丸温泉旅館のすぐ脇を流れる川の水が温泉で
    その川を三段にせき止めた野天風呂がある。
    アルカリ性単純泉 74.2度

ぞの3:弁天温泉
    那須湯本温泉と大丸温泉の間にある温泉で、標高1200m。
    自然湧出の源泉が12本もある。
    250年ほど前に(徳川吉宗の息子の代くらいか)
    小林佐吉という人が那須にやってきて
    弁財天のお告げで温泉と弁財天像を発見したといういわれがあり
    温泉の湧く岩窟に弁財天を祀っている。一軒宿の弁天温泉旅館がある。
    鉄炭酸泉 60度

その4:北温泉
    天狗が日光から出羽へ行く途中に発見した温泉だという。
    それは1200年前のことだそうだ。
    一軒宿の北温泉旅館は江戸時代の末期からつづいており
    江戸末期というと曖昧だが、要は安政のころ、井伊直弼が暗殺されたのが
    「安政の大獄」あたりから存続していると思ってもらえばいい。
    建物も江戸、明治、大正、昭和と4時代の建築があり
    鄙びた囲炉裏の宿で、温泉のプロ向き。
    単純泉 弱食塩泉 鉄泉 55.9度

その5:八幡温泉
    那須高原の高台(標高1050m)にあり、関東平野が一望できるほか
    八幡崎のツツジが素晴らしいという。
    現在は湯量が不足して近くの大丸温泉から
源泉を分けてもらっているという
    噂も聞かれる。
    単純泉 55度

その6:高雄温泉
    かなり古い温泉らしいが、記録に登場するのは天保年間で
    山岳信仰の登山者が利用していたという。
    当時は「行者の湯」と呼ばれていた。
    もと一軒宿が焼失して以来、無料の野天風呂だけが残っていたが
    2004年に某格安ホテルチェーンが山荘をオープンさせた。
    毎分1000リットルの硫黄泉が自噴する。
    硫黄泉 40.1度

その7:三斗小屋温泉
    標高1450mのランプの宿。
    2時間かけて徒歩で行くしかアクセスの方法がない。
    1143年に奥州信夫村の人によって発見されたと伝えられる。
    2軒の宿がある。
    アルカリ性単純泉 40度〜58度


posted by ポケット社 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木温泉ものがたり | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。