コピーライターの左ポケット

左のポケットからは
思いがけないものがでてきます
役に立たないけれど捨てられない
自分にだけたいせつなものです

「コピーライターの左ポケット」は
RADIO BERRY-76.4☆FM栃木の
日曜日22時からの番組「柴草玲のイヌラジ」の
小さなコーナーでした
コピーライターがストーリーを書き
柴草玲さんが音楽をつけながら朗読をしてくださり
5年の長きにわたって続けることができました
番組の最終回は2015年3月29日でした
お聴きくださった皆さま、このサイトを訪問してくださった皆さま
ありがとうございました

なお、原稿と音声のみをご覧になりたいかたは
裏ポケットへどうぞ ↓
http://02pk.seesaa.net/



2014年04月01日

ヒートテック

ようやくの春に、
冬の間ずっとはいていたヒートテックを脱ぐことができて、
太ももがズボンの裏地の感触を久しぶりに味わっています。
裾から入って迫り上ってくる風があると、
下半身が照れくさそうにむずむずします。
太ももからつくしが生えてきそうなそんな感じです。

中山さんからメールが来ました。
花見のお誘いでした。
今週末、世田谷のとある公園で開かれるそうです。
最近中山家にお邪魔してないのですが、もしかすると、
中山家は公園に引っ越したのかもしれません。
これは実は、花見に見せかけたホームパーティーなのか?
猫といっしょにダンボールで暮らす中山さんを想像してみると、
罪悪感がわいてきます。
ろくでもない場面を思い浮かべるものではありません。
失礼です。
メールにはまだ返信していません。
文面を読むと、来ませんか? という誘うものではなく、
あんたは来ることになってるから
場所と時間だけ知らせておくからねって感じだったので、
いそいで返信しなくてもまあいいかって思ってしまいました。
すみません。
中山さんのことだから、
もうすでに花見のつまみは何を作ろうか考えはじめているはずです。
静岡の魚屋さんに刺身用の魚を発注済みかもしれません。
失礼な想像をしてしまったことをフォローする意味も含めて言うと、
中山さんの料理はうまいんだよなあ。
上手に「おいしい!」って言えるかなあと
ドキドキしながら食べはじめても、
自然と口から「うまいですね!」が出るから助かるんです。

日ごとに春らしくなっていきますが、
でも、お花見ってずっと外にいるわけでしょう。
寒がりなぼくは、当日、
いちおうヒートテックはいていったほうがいいかもしれません。(う)
posted by ポケット社 at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット社通信 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする